スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

無農薬、無耕作、無肥料をしたら(3無畑)

2010年09月30日
無農薬、無肥料、無耕作

近頃無農薬、無肥料、無耕作で野菜を作る本などをよく目にします。
何事もすぐにかぶれる私は草がぼうぼう未耕作の土地を借り早速野菜作りを始めました。
種を蒔いたのですが私の意気込みをよそに野菜さん達は元気が無く
シロウリは小さな2個のみ収穫。

sirouri.jpg
(シロウリ)

肥料の力はすごかあ

肥料の力はすごいんだなあと思いましたよ。
肥料をやらないで春に10種の種を蒔いて収穫はほとんど無し。
ゴウヤは種から10株育ったが収穫は1個のみ
これは採種ようになったので何も食べれませんでした。
来年に期待!

nigauri.jpg
(元気なしのゴウヤの苗)

10年かかる

肥料をやって育てている畑の先輩に
無肥料、無耕作で育てるには3年くらいかかりますかねと聞くと、
10年くらいかかるんじゃないの言われてガ~ン!
ガ~ンじゃなくてガンの手術を3箇所している私にとって
10年は長いがうまく育つのを見届けるには15年生きなければならんだろう。


nasubi.jpg
(草は元気があるのに元気が無いナスビ)

ミミズが多い気がする。

土の栄養として米ぬかと枯れた草のみ
夏の種まきの時邪魔にならないように土を少しはがして
雑草の根をとっているとミミズが顔を出した。
ミミズは土の中を動き回って土の中に空洞を作って
土をさらさらにしミミズの排泄物と死骸が肥料になるらしい。
この栄養だけではやはり10年かかるかも?

okuranome.jpg
こぼれた種から2ツのオクラの芽


スポンサーサイト
2010年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。