スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

イカが続きました

2014年05月09日
コウイカが終わりのほうになると
モンゴウイカがドデーンと大きな姿を見せます
先月末、畑の帰りに産直の店「伊都菜彩」で買ったモンゴウイカは
この大きさで800円也
コウイカと同じような体形で斑点が無ければ
見分けが付かないと思います
しかしこのイカは大きくなります
その分味が大味になるようです
なので刺身には向かないので(と私は思う)
毎年このイカは
①湯通しして酢味噌で食べる
②てんぷらで食べる

湯通ししたイカと塩をかけておいてシャキシャキになった
輪切りのキュウリを酢味噌で食べればおいしいですな
私と同じで短足の足は太く
天ぷらにすれば口の中で
しばらくもぐもぐしておかねばなりません
イカは天ぷらがおいしいですな

g-29.jpg 


連休に女房が佐賀県の呼子温泉に連れて行けと言う
ハイわかりました、と私の運転で
AM8:30家を出て呼子の向かいます
女房の予定では昼ご飯にイカの生き作りを
食べるらしい
AM10:30に目的地に着いたら駐車場はすでに満杯で
中に入れず「いろは島温泉」へ変更
(敷地内にあるイカの生き作りが食べれる店の前には
すでに長蛇の列ができていました)

PM1:00頃「いろは島温泉」の帰り道
国道沿いのイカの生き作りが食べれそうな
レストランも駐車場は満杯
けっきょく諦めて鶏を予約しておいた店で
いつものかしわ飯弁当を買って
国道沿いの無料休憩所で食べました

それじゃ夕食に私がイカの刺身を作ろうと
帰る途中にある産直の店「福ふくの里」に寄ったら
立派なミズイカがありました
ミズイカは高価なので日頃は買いませんが・・・・・
今日は自宅でイカ三昧です・・・・・おおげさじじい

イカを買ってレジでお金を払うときに
産直の店では「調理しますか?」と聞かれます
店でさばいてくれるんですね
私は、しなくていいですよといつも断りますが
支払い終えた後にレジのお嬢さん(昔)が
「このイカはまだ生きているので氷を直接当ててはだめですよ
トレーの下に氷を置いてください」 
と丁重に教えてくれました

レジのお嬢さんが言うとおり
家でさばいていたら足の吸盤が指にくっくんですね
モンゴウイカと違って長い足が
くっついては離しくっついては離しの繰り返しです
ミズイカの耳は大きいです
普通イカをイメージする三角形の耳とまったく違います
胴体の長さと同じくらいの耳が付いています
耳は翌日の煮物に回して
今日はイカ料理の定番、刺身と天ぷらでいただきました


h-1.jpg 


ブルーのアイシャドウ

h-2.jpg  


連休明けに見たテレビで漁師料理だったですかな~?
とったばかりのスルメイカを肝と醤油と酒につけて少し時間を置く
それを食べた芸能人が「オイシイ~!」
と言っておりました
私も美味しいと思いましたですな
テレビを見て2日くらい後に畑に行く時に寄った
産直の店「志摩の四季」で生き生きの
スルメイカがあったので試してみるlことに! 
 
h-3.jpg 



肝と醤油と酒のバランスが悪かったのでしょう
いまひとつでした

スポンサーサイト
料理 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 安い魚 | HOME | ラジオ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。