スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

図書館とマスク

2013年12月12日
今はまっている総合図書館の1階は一般的な雑誌とか
子供向けの童話本等が置いてあるので
雰囲気がざわざわとしていますが
2階に上がると専門書等が多く
閲覧する人も1階に比べると少なく静かです
聞こえてくるのは咳払いくらいです

現在のワタクシ鼻炎で鼻水ジュルジュル
前回に2階で本を閲覧した時、漏れ落ちる鼻水を
出来るだけ音を立てずに
ティッシュでふき取るのに苦労しました

そこで秘密兵器です
(またまたおおげさじじい)
マスクをして鼻の穴にティッシュを突っ込み
ティッシュが濡れたらこそっと交換です
これは私と同じような鼻炎の人にオススメします 


c-25.jpg   

更にボケがアップのワタクシ
なんとなく林真理子さんの読みたくなって
1階の書籍コーナー行ったら
作家名の真理子が目に付いたので
迷い無く2冊を借りました
その夜ベッドに潜り込み本を読もうとしたら
あれ!ハヤシマリコではない
コイケマリコでした

まあ2冊とも読みましたが
偶然かどうか2冊とも内容は
家庭がある人妻と妻子ある作家が
恋をして破滅の道に進んでいくんですねぇ
まあなんとなく読み終わったと言う感じです
しかし小池真理子さんは
直木賞はじめ多くの賞をとってあるんですね


 
スポンサーサイト
2013年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。