スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

収穫に追われ始めたトマトとズッキーニ

2013年07月04日

昨年のサツマイモで苗を作っていたのが
やっとのことで定植可能な大きさになりました
安納、紅はるか、なると金時、の3種類です
 

x-satumaimo-1.jpg 


茎の8節目くらいから切り取って 

x-satumaimo-2.jpg 


農園の皆さんに1ヶ月以上遅れての定植です
3無畑にも植えました
 

x-satumaimo-3.jpg 


赤シソがあちらこちらに自然発芽をして
そのままにしておいたんですが
6月末に梅を5kほど知り合いからいただいたので
梅酒2k梅干3kを作ることになり
急遽空いていた畝にまとめて植え直しです
肥料を与えて急いで大きく育てねばなりません
 

x-siso-1.jpg 


大きくなっていたのを収穫
梅だけはすでに塩漬けが終わり梅酢が上がっています
今回収穫した赤シソは塩もみして冷蔵庫で保管をして
後から出来てくる赤シソを待ちます
この5倍ほどのシソが必要です

x-siso-2.jpg 



3無畑のミニトマトがほんのりと色づいてきました

x-tomato-1.jpg 


昨年ラッカセイをつくった畝に自然発芽したラッカセイの苗が
10株見つかりました
昨年、自然農の講習会に行った時ちょうどラッカセイの収穫があり
出来るだけ深く掘らないで採るように言われました
私もその通りにしたので残っていたんでしょう
この畝は別の野菜を植えるのでラッカセイの畝に移植をしました
風で吹き飛んだ苗は2株を除いて復活してくれ
緊急で買った苗も10株植えており畝は少し過密状態になっております

雑草から一歩抜け出したラッカセイ

x-rakasei-1.jpg x-rakasei-2.jpg
x-rakasei-3.jpg x-rakasei-4.jpg


7月1日の収穫です
大玉 の瑞栄、桃太郎、ミニのアイコと他の2種類
梅雨時のトマトは肌が荒れています
そして味はイマイチ、これでは知り合いにおすそ分けできません
三日くらい間を空けると同じくらいの収穫になるでしょう
梅雨が明けるまでひたすら自家消化です

x-syukaku-1.jpg 


そして巨大なズッキーニ
長さ35センチ直径10センチ
今回の収穫は4回目、最初の収穫では
形が良いのを知り合いに届けましたが
毎回届けても迷惑なのでこれもひたすら自家消費
バジルとニンニクが自宅にたくさんあり
バジルの葉をつけたオリーブオイル(あまり香りがしないが)
そしてズッキーニとトマト
 ネットでレシピを調べて他の食材と合わせてなんだかんだやっています
それでも食べきれないのでジュースにすることにして
昨年使って眠ったままのジューサーを引っ張り出し洗浄をしています
昨年ジュースにしたがズッキーニだけでは美味しくないので
蜂蜜等を加えねばなりません

x-syukaku-2.jpg 


私の畑ではありませんが
鳥と動物からスイカを守るため完璧な装備です
スイカにプラスチックのかごを被せその上にレンガです
昨年は私のスイカを含め農園の9割以上が
得体の知れない動物の被害に合っています
それでも半数以上の方が再チャレンジをされています
私は根性が無いため作っておりません

x-nouen-1.jpg

スポンサーサイト
2013年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。