スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

一日中、火の番

2013年02月12日
朝から一日雨でした
一日中駐車場の屋根の下で
ロケットストーブの燃焼テストをしておりました
前回テストではあまり良い結果が得られず
ゴトクがどうも良くなかったようです
ゴトクが鍋の底と密着しすぎて
空気の流れが悪かったようです
ロケットストーブは空気の上昇気流を利用するので 
今回は鍋との隙間が出来る
ガスレンジで使うゴトクを使用しました

左の写真が前回のゴトク

s-roketosuto-bu-1.jpg s-roketosuto-bu-2.jpg 


新聞紙を丸めて火をつけて小さい竹をくべれば
すぐに火がつき、フーッと口で吹くと
すぐにボーッと音がして
火が奥のほうに吸い込まれていきます
 

s-roketosuto-bu-3.jpg 


燃えている状態です


s-roketosuto-bu-4.jpg s-roketosuto-bu-5.jpg 


炎はまったく上に上がらず
右の写真のように
上がろうとした炎も反転して
下の方に吸い込まれていきます


s-roketosuto-bu-6.jpg s-roketosuto-bu-7.jpg 


使った燃料は竹と廃材の板が半々位です
右の写真は、7時間燃焼を続けて
最後に自然に消えてもらいました
 

s-roketosuto-bu-8.jpg s-roketosuto-bu-9.jpg 


今日の燃焼テストその① 燻製
ダッジオーブンを10分くらいかけて全体を熱くし
塩コショーした材料を
サクラのチップとざらめ砂糖をアルミホイルに乗せて
 
s-roketosuto-bu-10.jpg 


ふたをかぶせて20分後
出来上がつたようです
一晩寝かせたほうが美味しいそうです
 

s-roketosuto-bu-11.jpg 


次は同じく塩コショーをしたてばさき 

s-roketosuto-bu-12.jpg 


約40分後に出来上がりました
これは夕食で食べましたが
味はまあまあでした
  

s-roketosuto-bu-13.jpg 
  

その②
1昨日採ったワカメ
昨日4軒に配達をしましたが
たくさん残ったので
保存用塩ワカメを作ることにしました
お湯を沸かすのに20分
ワカメを3回に分けて
ざっと湯につけて合計6分
 
s-roketosuto-bu-14.jpg 


竹ザルで水を切った後にブラスチックの容器で
1回目の塩漬けにしました
明日の朝には更にたっぷりの水が抜けていると思います 

この竹製のザル105円なんです
メイドインベトナム
安すぎますね
運送代もかかるでしょうしね 
昨年末のベトナムと日本の個人GDPを調べてみたら
ベトナム  1.374 USドル
ジャパン 46.192 USドル
ベトナムは日本の約34分の1です  

s-roketosuto-bu-15.jpg   


その③
最後にヒジキのアク抜き
5時間ほどかかりました
今日はこのまま置いておき自然に冷まします
明日は良い天気なので
天日干が出来そうです

ぶくぶく沸騰するほどの火力でした 
  
s-roketosuto-bu-16.jpg   


使った燃料は写真の袋で1袋半です 

s-roketosuto-bu-17.jpg   


炊き込み口が小さいためすぐに燃料が
燃えてしまいます
部屋の中でチョコチョコ雑用をしては
外に出て燃料の追加です

燃え始めたらほとんど煙が出ません
燃焼効率がすごいです
すぐ横がお隣さんですので
煙が出ないのは助かります
7時間歩燃やしてもストーブの中は
燃えカスで詰まること無く燃え続けました
ゴトクの形で燃え方がかなり違います
今日はガス代が節約できたし
竹の子のシーズンは
ロケットストーブで茹でる
決まりです

少し疲れたけど面白かったです
スポンサーサイト
2013年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。