スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ロケットストーブ燃焼テスト

2012年12月19日
寒くなってきからちょうど良い
6月に作ってまだ一度も使っていなかったロケットストーブの
初めての燃焼テストを兼ねて
サツマイモをダッジオーブンで焼いてみようと
駐車場で消火器も用意をしてテスト開始です

q-dajiobun-1.jpg 


新聞紙に火をつけて、畑から持ち帰った竹を
燃やし始めて4、5分くらい経った時
ゴーッとの音と共に炎が下方向に吸い込まれ
本体の筒の中を炎が勢い良く上がってきました
参考にしたアウトドア雑誌に書いてあったとおりです
ロケット点火!  


q-dajiobun-2.jpg q-dajiobun-3.jpg 


サツマイモを入れたダッジオーブンを五徳の上に乗せ
さあホクホクの石焼芋をと意気込んだのですが
25分位経った頃から煙がかなり出始めて
炎の吸い込みが悪くなってきました  
 
q-dajiobun-4.jpg q-dajiobun-5.jpg 


ストーブの中を覗いてみると
燃えた後の炭が多く溜まっていて
空気の流れが悪くなっているみたいです


q-dajiobun-6.jpg q-dajiobun-7.jpg 


野原でテストしたのであればすぐに燃えカスを捨てて
やり直したのですが、駐車場なのでまだ燃えている炭を
処理し難くここでテストは終了となりました
ダッジオーブンの中は焼き芋になるには程遠く
後は台所のガスの力を20分ほど借りました
 

q-dajiobun-8.jpg q-dajiobun-9.jpg 

しかし炭の状態になってから長時間火がついたままなので
ゆっくりと熱を通しての料理には使えるかもしれません
最後は安全のために水をかけて消化しましたが
水をかけずに自然に消えた後の灰は畑で使えますね
確かに少ない燃料で強い火力を得られる事が確認できました
少し要領が分かったので今度は料理に挑戦したいですね
鶏を1匹丸ままじっくり焼くとか

スポンサーサイト
2012年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。