スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

割れる前にトマトを

2012年06月26日

毎年初収穫の頃が梅雨なので、当然雨が良く降りるのですが
完熟する頃に長雨に当たれば、トマトが割れてしまいます
割れる前にと、まだピンク色だがを収穫しました
数日前に試食用に採ったが、今回が本当の初収穫になります

ちょっとすっぱさが残るが、この酸っぱさと臭いは、子供の頃
農家の息子である同級生の森君家の畑でもいだトマトの味を
思い出します
もうちょっと青くて酸っぱかったですかな
中学の同窓会が8月にあります
じぃ&ばぁに会えるのが楽しみです

色が変わる前のパプリカも1コ初収穫
m-syukaku-1.jpg 
  


うあ! 病気だ
ネットで調べて見ると
どうも肥料の与えすぎらしい 

m-byouki-3.jpg  


栄養が多すぎると、葉がクルクルと巻いたり

m-byouki-2.jpg  


実がなる先からも芽が出たり
これはいけません
栄養が多いと勢い良く葉が繁り、葉の方に栄養が取られて
実の育ちが悪くなります
 

m-byouki-1.jpg 

今年はトマトを作っておられる農園の皆様、苦戦されているようです
私のトマトも見つかったが、尻腐れ病が多く発生しています
名前の通り、尻の方から腐っていきます
農園での原因ははっきりとは分かりませんが
ネットで調べてみると
地温が上がり過ぎ(5月は気温が高かったです)
窒素肥料過多、カルシウムが少ない、土壌が乾燥し過ぎ
その外多く原因原因はあるようです
どうも5月の気温の高さと、肥料を与えすぎて
窒素肥料が効きすぎのようですが・・・・・
元気なトマトに育てようと、ついつい多目の肥料を与えてしまいます
最初少なめに肥料を与えて、模様を見ながら追肥をしたほうが良いようです

トマトを作っているスペースが、農園の中で私の畑が一番多いので
よくトマトのことを聞かれます
尻腐れ病が多く発生した方から
「これはウイルスだろうか、消毒をしたほうが良いだろうか」
尻腐れ病という名前は知っていたが、対処の仕方は知らないので
「ネットで調べておきます

今年も何とか昨年並み収穫できそうですが
もう少し勉強をせねばなりませんな
根元にミカンの皮を入れればトマトが甘くなる、と本に書いてあったので
野菜ジュースを作ったときに残しておいた大量の皮を乾燥させて 
土の中に入れています
梅雨が明けてカラッっと天気が続いたときに
どんな味のトマトになっているか楽しみです

スポンサーサイト
2012年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。