スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

磯遊びで40cmのボラ

2012年05月13日
連休最後の日の6日
磯遊びに行ってきました
PM 03:53 干潮 潮高マイナス7cm
これだけ潮が引くのは1年通して多くはありません
日差しは強いが少し冷たい北風が気持ちよく
絶好の磯遊び日和でございます

朝から手作りお粗末弁当を持って畑へ行き
一仕事をしてその後海に向かいました
外で食べるとどんな弁当でも美味しいです

夏にアジ釣りをする船越の防波堤の広場に車を止め
潮が引くまでので時間があったので、釣りをしている人たちのところへ
行ってみました
私より少し年上らしい人に、釣れているか聞いてみると
「なんにも釣れない、今日は悪いですなあ」
20分くらい世間話等をしていると
「魚は釣っても、海に戻すか、人にあげて帰るんですよ
だから今釣れれば、おたくにあげるんだけど」

それから10分くらい話を続けていると
竿がグーっとしなって
「きたっ!結構大きい!良かった、上がったら持って行って」
糸は左右に走りかなり大物には間違いない
楽市楽座のテレビコマーシャルのダーツのように 
頭の中で的の回転盤が回り始めた
クロ、チヌ、スズキ・・・・・

私が手伝いをしてタモをかまえていると、銀色に光る魚が見えてきた
・・・・・
「ああボラだ」
「ボラですか・・・・・」
「ボラですな、持って帰りますか?」
「ええいただきましょう」
ぐっと来た最初の勢いがスーっと引いた感じです

臭くならないようにすぐに内臓を取り
凍らしたお茶を入れているクーラーボックスの中に入れました
ここに来る前に採って来たスナップエンドウとキヌサヤがあったので
お礼にあげました。物々交換ですな
釣り人は家具職人で心優しい人でした
ボラはカラアゲにしてスパイスを強めにして食べたら
美味しかったです
すぐに内臓を取ったのが良かったのでしょう

a.jpg  


やっと磯の話です
いつもはほとんど沈んでいる大きな石も全部見えます
ここまで石ころの上を歩いてきて約10分
これから更に10分歩きます
 

c.jpg 


ありましたね、これは陣笠で美味しいです
油断しているところをそーっと横から平べったい金具を入れて
サッと剥がします
失敗をするとベタっと石にくっついて剥がしづらくなります
甘辛く醤油と砂糖で煮ます
コリコリとして歯ごたえが良いです

d.jpg 


小さなタコをゲット、酢ダコになりました

b.jpg 


ムラサキウニとバフンウニ
これはとってはいけません
その場で試食してみました
中身は少ないが濃い味でした


g.jpg  


巻貝の2種類、普通は塩茹でにします
更に美味しく食べるには、塩茹でしたら真水で数回洗って
水とミリンと醤油と酒を入れて再度煮ます 
 

l-bina.jpg 


他にとれたのは、ちい~さいナマコを6匹でした
今日も海さんにいっぱい遊んでもらいました
感謝です
 

スポンサーサイト
2012年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。