スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

病気の話 ⑥

2012年03月22日
昨日今日と良い天気でした
二日とも雑用があり、久々の太陽の下での畑の草取りが出来ませんでした
農園には多くの人が来られていたことと思います


3月8日
午前にF大学病院に検査結果を聞くために行ってきました
骨シンチとMRI検査の結果です
結果は
グリーソンスコアが高いけど、ガン細胞は前立腺の中のとどまっていて
他への転移と骨への転移は見られない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少しほっとする
治療方法として、手術か放射線があり、どちらも同じくらいの効果がある
手術と放射線のメリットとデメリットを先生が話をしてくれたが
どちらの治療をするか私に決めるように言われる
5月初めの夏野菜の植え付け時には畑にいたいから 
「先生、手術で行きます、4月初めの入院でおねがいします」
「放射線であれば数ヶ月先の入院になるが、手術であれば大丈夫でしょう
明日、教授たちが集まってもう一度検討をするので
それからの正式な決定になります。
そのことを話しますので3月12日に来て下さい」

余談です
先生と手術のことを話している時、先生が
手術をすると男の機能がかなり低下します
とおっしゃいます
あらかじめネットでそのような知識も得ていたので
「いや先生、ずいぶん前から機能してないから大丈夫ですよ」
「いやいや○○さんはまだ64歳でお若いではないですか」
「機能の低下と共に、頭の中の煩悩も無くなってくれるといいんですがね」

以前何かで読んだが、ボケている老人が看護士の尻を触ると書いてありました
ボケていても本能が出るらしい
怖いですねー!
  
 










スポンサーサイト
病院 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。