スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

病気の話 ②

2012年03月18日

1月30日
1泊の検査入院のため25分くらい歩いてF大学病院に行く。
AM9:00からの入院ではあるが午前中看護士さんの話を少し聞くくらいで
他は何もすることが無いので持ち込んだ本を読む

肛門から器具を入れての検査をするため、昼過ぎに浣腸をされて腸をきれいにし
その後、尾てい骨付近に麻酔注射をする
これが結構痛い
PM2:00頃より検査が開始
検査室に入ると学生の男女一人づつが立っており
先生が
「研修のため見学させますのでよろしくお願いします
産婦人科で赤ちゃんを産むような体勢で検査をします」
赤ちゃん産んだことは無いが、おおよその想像がつく
! 生むところを?この若い二人に見られてしまうのか!

下半身裸で座った椅子の左側は短いカーテンがかかっており
足の後ろ側には足を乗せるようなものが着いている
先生が
「はい、回ります」
椅子はゆっくり左側へ回って止まる
私の目の前は短いカーテンで何も見えないが・・・・・
自動的に足首のほうから足が開いていき、椅子も後ろ側に倒れる
私の足は器具に支えられ、中に浮いている

先生が「入ります」と言ったが麻酔が効いているため違和感はなし
「今から12箇所の組織を採ります。この音が合図です、鳴ったら採り始めます」
「グワッシャ!」
変な音だ、見えないので何の音か分からない
「グワッシャ!」
肉の壁に何かが入ってきて剥がしている様な感じ、少し痛い
先生が「痛くありませんか」
「大丈夫です」
「グワッシャ!」 これを12回やって終了
麻酔が効いているため、パンツとズボンになかなか足が通らない
やっとのことでズボンを穿き終え、看護士さんに車椅子で病室まで送ってもらう


1月31日
AM9:30分くらいに、尿検査をするが血液が混じってなく異常なし
AM10:30分くらいに退院をする
病室で看護士さんから 退院されて結構ですよ
と言われたので、帰り支度をしていると
同室の人が
「もう退院ですか」
「はい、検査だけの入院ですから。 おそらく又戻ってきます」
皆さん、入院生活が長いんでしょうね

かかった費用は¥30.470也、注射も痛かったがこれも痛い
帰りも歩いて帰りました。歩くにはちょうど良い距離です 
2月9日に本日の結果を聞くことになりました

学生に見学されての今回の検査の事を知人の女性に話すと
「やだぁ、私、大学病院で検査を受けたくない」
 

スポンサーサイト
病院 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。