スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

魚のハモを買ってみた

2011年12月25日
巨大なハモ

産直の店伊都菜彩で、ハモを初めて買いました
価格は380円也、大変安い
大きいなとは思っていたが、発泡スチロールの上に丸められ
ビニールがかかっていたので、買った時点では
大きさははっきりとは分かりませんでした
ビニールをはずしてみるとでかい!
1メートル以上はある  


h-hamo-2.jpg 

早速ネットでさばき方と、料理を調べてみたら
これだけ大きなハモの調理法は書いてはありません
普通サイズのハモは小骨を切ると書いてあり
切るところをテレビでも見たことがあります
しかしこれだけ大きいと、小骨もかなり大きいはず

とりあえず3枚におろし
研いでいた包丁で、1ミリくらいの間隔で小骨を切り始めたが
シャキッと切れずにゴリッと切るような感じで
3センチほど切ってみたところで止めました
小骨は硬いし、切った身が崩れていきます
皮を残して切るのも大変難しい
ギブアップです
コノシロをよく骨切りをしていたから、同じようなもんだと思っていたが
そんな簡単な物ではなかったです

骨が切れないのであれば、食べることはできないだろう
処分をするしかないと思いましたが
身をとった後の頭と中骨でダシをとれば
いいダシが出るとも書いてありました
(小ぶりのハモの場合ですが)
それじゃ身の部分も全部、大鍋に入れてダシをとってみるか! 
 
h-hamo-1.jpg 

煮立ってくると、魚の美味しさを示す油がかなり浮いてきました
これはいいダシが出ている(旬は7月のようですが)
どんな味がするか、身の部分を少し試食してみると
美味しい!
あれ!小骨があまり気にならない
味噌汁にして、刻んだ白ネギをたっぷり入れて食べたら美味しかったです
 
なんで小骨がそれほど気にならない?
ハモが巨大に成長したため、小骨と小骨の間隔が広がり
一口大当たりの小骨が少なかったんでしょうね
小骨も大きくなっているから外し易かったです
夕食で3日間(女房は2日)食べたがそれでも残り
ハモには申し訳ないが、最後は生ゴミ堆肥に回りました
もう一度、デカハモの煮物、カラアゲ等に挑戦したい
と思っております
 



スポンサーサイト
料理 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。