スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ただいま待機中

2011年04月23日
トマトの支柱立て

先日山で切ってきた竹を使って1無畑にトマトの支柱を立てた
夏野菜のメインでもあり
畑を借りるきっかけにもなったトマトを
風の被害から守らねばなりません
農園は年中かなり強い風が吹き抜けます
昨年は強風で支柱が傾いたことがあった
なのでかなり頑丈にしましたねぇ
農園の多くの人が写真でも見えるとおり苗の周りをビニールで覆ったりしながら
トマト、ナスビ、ピーマン、キュウリの定番野菜をすでに植えてある
しかしキュウリとトマトの2割くらいが枯れている
今春は平年より気温が低い日が多いので寒さに負けている様子

冬は畑で何もすることが無いので
早く春になり畑作業をしたいなと皆思っている
そんな思いの時
まだ寒く早い時期から
ホームセンターで小さな苗を売り出し
早く植えたいと思う私たちの気持ちを煽る
早く定植をしてしまった結果枯らしてしまい
再度ホームセンターで苗を買うことになったりする
そして苗屋さんはニンマリ・・・

本によると1番花が咲き始めたら
ポットから畑に定植をすると良いと書いてある
(昨年に比べるとちょっと勉強をしているようだ)

A-sityu.jpg


一番花を待つ

と言うわけで
寒さに負けないようトマト、ピーマン、ナスビの苗は
自宅の南側で一番花を待って待機中
花が咲き始めたら順に定植をする予定
種を蒔いたが発芽をせず苗を買うことになった
種から育てるには保温に気を使わないとだめみたいです
それに比べて今からまく種は楽です
夏は完熟して落ちたトマトから芽が出るくらい
簡単なんですがね
苗は糸島JAで買う。少し価格は高いが苗がしっかりしていて
オススメです
今年のトマトは桃太郎24本、ミニトマト2種計5本を植えます

A-nae.jpg


又、山菜

畑からの帰りに前回ワラビを採ったところに行ってみたら
同じくらいの量が取れた
本日の収穫はフキ、ワラビ、成長遅れのタマネギ、ワケギ
山菜を採るのは良いがちょっと後が面倒
ワラビの灰汁抜きには重曹を使う
重曹の量が多すぎるとヘナヘナになってしまって歯ごたえが無くなる
フキは塩ずりをして茹でて皮を剥く
剥くとツクシと同じで指先が黒くなる
やはり山菜採りは色気を無くした年寄りの仕事ですな

A-sansai.jpg

ついでにミョウガ

昨年根が付いたミョウガをもらって畑に植えたが
太陽が当たりすぎて2個しか採れなかった
半分日陰になる場所が良いらしいので
昨秋自宅で条件が合う場所に植えておいたら元気に発芽した
(この場所は日当たりが悪く何も植えていなかったので
そのスペースが利用できて良かったです)
このまま行けば7月末頃に香り豊なミョウガが食べれそう

ミョウガを食べるには夏がいいですね
我が家で夏に作る冷やし味噌汁
干し魚を焼いて骨の部分でダシをとり味噌汁を作る
身の部分は細かくきざみ味噌汁に入れて冷蔵庫で冷やす
食べる時に多目のすりゴマと刻んだミョウガを入れる
キュウリを薄く切って入れてもいいですね
これをご飯にかけていただきます

ミョウガの横に自然発芽のシソの芽も
少し離れた場所に毎年こぼれた種から育つのがあるからでしょう
シソも冷やした味噌汁に浮かべると更に清涼感が出ます

A-myouga.jpg


スポンサーサイト
2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。