スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

立派なお鼻が

2014年07月29日
葉っぱの下で育っていたので
鼻ができているとは気がつきませんでした
ユーモアのある天狗ナスができました

j-55.jpg

スポンサーサイト
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

今年もスイカの被害多

2014年07月27日
早朝畑作業をしていたらほとんど同じ頃に農園に入った方が
「みんなやられているなあ」と言われるので
「スイカですか」と聞いたら
「オレんところのスイカも全滅だけどみんなもやられとるなあ」

j-51.jpg 


日頃他の人の畑を見ないので分からなかったが
言われて農園内を見て回ると
こりゃあスイカを作った人はショックですな
毎年ハクビシン(らしい)にやられるので
かなり強固な防護をしていたのに
網の下方をかいくぐって進入している
それも食べられたスイカは完熟のみ
下の写真は網の下方に木材で重石もしていたのに
全滅のようです 

j-52.jpg 


私の畑で3年前くらい前にスイカを作って
やはり全部食べられたので作ることを止めたのですが
昨年食べたスイカの種を採っておいて種を蒔いたら
芽が出てしまいました
出てしまいましたとは変ですが
期待していなかったもんですので
芽が出たら愛おしくなり3無畑に植えると
今のところ4玉を確認しています
今回の皆様の被害を見てどのような
防護をしようかなと悩んでおります
遅く定植した私のスイカの完熟時期は来月中旬です
初旬までに防護壁を作らなければ・・・・・

スイカが全滅したと言われた方に
来年又作ります?と聞いたら
「来年は完璧な防護壁を作ってやる」
と言われました
来年皆様のスイカ畑がどんな風になっているかな

3無畑の栗カボチャを初収穫です
トマトはステラミニ、世界一3個、ボンテローザ1個を収穫
太陽の日差しで味がだいぶ濃くなってきました
天狗ナスは560グラムと480gでした
700gくらいまで大きくなるらしいですが
先日食べた680gよりもこのサイズのほうが美味しいですね
680gは種が出来始めていて皮も硬くなっていました 

j-53.jpg  


2個のうち1個に天狗ナスの由来らしい
小さな鼻が出来ていました
収穫をせずにもう少しおいておけば鼻は
もっと伸びていたかもしれません  
 
j-54.jpg 


毎年この時期のことですが
野菜の収穫量が増えてきました
収穫した野菜をいかに処分することなく
どんな料理で食べるかいろいろネットで調べます
ちょっぴりボケ防止に役立っているとは思います

2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

天狗ナス 一気にピーク

2014年07月23日
いい色の収穫です
天狗ナスが一気にピークを迎えました
この収穫で約8割の収穫をしたように思えます
思えます?
思えますと言うのは
今日収穫した天狗ナスは7個
前回は3個収穫で計10個
その他に種採りように2個残し、2個は腐りました
これで合計5株で出来た天狗ナスは
腐ったのも含めて14個になります
14個は下の方に着いていて1番栄養が行くところです
まだ上の方にも実が出来ていますが
おそらくそれ程大きくはならないように思えます

j-48.jpg 

収穫した天狗ナスの重さを量ってみると
680g 1個  640g 1個  600g 2個  580g 1個  480g1個  440g 1個でした
680gは少し痛んでいた(このサイズが素人が育てるには限度のよう)ので
自宅で食べることにして
4個は分けて知人に届け2個は明後日訪問をする
北九州の姉二人に届けます
自宅用はこれからできる小さめをゆっくり料理をしましょう

下のほうに出来たナスは重いので
地面についてしまいます
腐ったり傷ついたナスは地面(黒マルチ)に
付いたところから悪くなっています
種採りはネットを被せ紐で吊り上げ
地面に付かないようにしています

j-49.jpg 


収穫するたびに増える野菜のエンサイ(クウシンサイ)
脇芽を残して収穫すればそこからニョキニョキ!
更に大きくなった脇芽を収穫して脇芽を収穫すれば・・・・・
マルチ商法的に?
野菜の本に書いてありました
夏野菜が少なくなってきた時に収穫が出来るので重宝です

しかしエンサイは収穫して直ぐにしなびます
水につけて持ち帰っても少しだけしか回復しません
なので見た目が悪く知人におすそ分けできません
なので自宅でがんばって食べます

j-50.jpg 


梅雨もあけ本格的な夏が始まりました
昼の暑さを避けるため朝6時に家を出て
草取り等の作業をし9時半に農園を離れました
当然農園に入るのは1番で
作業途中来る人が
「早いですね」と声をかけられます
わたくし
「ジジイですから朝が早くてですね」


2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

梅味噌を作る

2014年07月21日
梅味噌は梅を味噌に入れておけば出来るんだろうと
なんとなく思っていましたが
ネットで調べていたら
発酵させる作り方がありました
工程からすると味噌にただ漬けるより面倒くさい
しかし面倒くさい分美味しいかも
と思い作ってみました

夏は酢味噌をよく使います
キュウリと、モダマ(魚のフカを湯びきしたもの)
湯びきのイカ、タコ等とシソの葉をきざんで混ぜて
酢味噌で食べます
まあ酒のつまみですけど
キュウリは塩でもんだ方が良いですね
噛むとシャキシャキ音がして歯応えがいい
シソは必ず入れます

j-45.jpg 


レシピの材料には
完熟梅500g みそ500g 砂糖500g
と書いてありました
みそ500gに砂糖500gは甘すぎじゃないかと思いながらも
レシピどおりに材料をそろえて 。
常温で容器に入れた材料を1ヶ月間毎日混ぜて醗酵させる
1ヵ月後、種を取り除いた梅をフードプロセッサーにかける
梅を漬けた味噌をホーロー鍋に移して中火にかけ
アクが出なくなるまで・・・・・・省略

早速夕食で食べると甘さがちょうど良い
美味しいです
採ったばかりのキュウリに直接つけて
バリバリ噛んでも美味しそうです

醗酵させてる途中に農園のオーナーから
「良かったらどうぞ、たくさん作ったからおすそ分けをしているんですよ
6ヶ月間冷蔵庫で寝かしてください」
と容器に入った梅を漬け込んだ味噌を貰いました
6ヵ月後だから食べる時期が重ならなくていい
欲張りジジイはお礼を言ってありがたくいただきました
オーナーの親戚に大きな梅ノ木があるらしい
昨年は生の梅をたくさん貰いました 

 
料理 | Comments(0) | Trackback(0)

とまと

2014年07月20日
やっと収穫野菜に赤色が加わりました
ミニトマトを少々と普通サイズの
「固定種トマト世界一」が1個。

オクラも初収穫です
すでに大きくなりすぎて固くなり食べれないのが
数本ありました
これからオクラを収穫するには3日ごとのローテーションで
畑に行かないと収穫に間に合わないようです


j-44.jpg


夕食で食べた「世界一トマト」の味は
この時期に売られている水っぽいトマトと同じで
チョット期待はずれ
「世界一トマト」は東京周辺で戦前から戦後にかけて
最も多く作られていたと買った種の袋に書いてありました
子供の頃に食べたトマトのイメージがあったので
酸味があってメリハリのある味を期待していましたが・・・・・
やはり美味しいトマトはカラッと晴れが続かんといかんですな
これからです!
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

今年の3無畑は調子がいい

2014年07月18日

3無畑の様子です
3無畑は余った苗の余生の場?になっています
サトイモは農園の方から
余ったからどうですか?と貰った苗で
かなり遅れて定植していますが雨が続いて
水が大好きなサトイモは大きくなり
収穫できそうです 
 
j-20.jpg 


奥の方はゴーヤです
1無畑に最初に植えて余った苗です
その手前は1無畑に収まりきらなかった
ミニトマトのステラミニ
1無畑のステラミニより元気がよく
3玉初収穫しました
直ぐに試食で、甘い!
普通トマトは脇芽を取るんですが
3無畑では脇芽を取らずに伸ばし放題です
3株なのでおそらく300個以上収穫できると思います
いや、500個はいくかも
とらぬ狸の・・・・・

手前はバジル、自宅のプランターと同時栽培です
両側に見えている大きな葉は栗カボチャ 

自分で採った種は気楽に多めに種を蒔くので
多くの苗が出来て余ってしまいます
処分するのもかわいそうなので
3無畑で余生を送ってもらうことが多くなります
このほかにサツマイモもそうです
 
j-21.jpg 


草刈をしていると直系15センチくらいの姿が
現れました
今日までまったく気づいていませんでした
まもなく収穫ですな
他に5センチサイズもありました 

j-23.jpg    


昨年食べた種から発芽のスイカは
農園の方達よりも約1ヶ月遅れての定植です
続いた雨で勢い良く伸びはじめました
 
j-22.jpg   


葉の下を覗いてみると雌花に3cmくらいの実が、
受粉できたのでしょうかな
いっちょまえに線が見えます
あと1個ありました
 
j-24.jpg  


これは食べられる野草のスベリヒユ
1無畑で草取りのときに時々見ていて
抜いて処分していましたが
チョット育てて食べてみようかなと思い
3無畑に移植しました 

1昨年自然農法の講習会に行きました
そこで自然農法で野菜を作っている人の畑に行き
皆さんがゆったりとした気持ちで野菜を作っているのが
伝わってきました
3無畑で作業しているときはそんな気持ちになります

j-25.jpg 


サトイモの葉の上で楽して草を食べているバッタ

j-26.jpg 


1無畑はトマト以外うまく育っているのですが
本命のトマトがうまくいっていないので
テンションが上がりません
 
j-27.jpg 


元気なオクラ、10日後くらいから収穫できそうです
昨年の2倍ほど作っているので
収穫に追われるでしょうな
オクラの向こうはゴウヤです
3無畑ににもゴーヤがあるので
今年はゴーヤジュースがかなり飲めそうです
今年元気な3無畑で1無畑よりも早く
2個を初収穫しています
最初の料理はチャンプルーでした
 
j-28.jpg 


1無畑のトマトが不出来でテンションダウンの中で
少しテンションを持ち上げてくれているのが天狗ナス
更に大きくなり重さは前回収穫をしたのを 参考にして
330グラムくらいはありそうです
このナスは初めて育てるので
どれくらいを収穫するのかわかりません
500~600グラムサイズにするには
1株に5玉くらい育てるのが良いのでしょうかな
ネットで育て方を調べていますが
詳しくは載っていません
調べているうちに分かったのですが
400グラムサイズは1個500円以上で売られていました 
しばらくは天狗熱?で頭が熱いでしょうな
 
j-31.jpg 


3無畑でバジルを収穫して
自宅のバジルも大きくなったので
上のほうを切り取り収穫をしました
 
j-32.jpg 


畑と自宅のバジルです

j-30.jpg


いやあ、忙しいですな
畑から帰ってバジルが新鮮な内にきれいな葉を選び
ニンニク、松の実、バルメザンチーズ、塩、オリーブ油
と一緒にミキサーでつぶし
バジルペーストを作りました
葉は100グラムくらいはあったのですが
出来たのはこれだけ早速パスタで食べてみましょう

j-33.jpg


2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

天狗ナスを初収穫

2014年07月16日
1週間ぶりに畑に行ったら
愛知県から太田さんに送られてきた苗で
太田さんから「栽培して欲しい」と言われた
ステーキナスとも言われている天狗ナスが
順調に育っていました

私が作ったキュウリの苗を太田さんが愛知県の人に
送っていたのですが
「先方からキュウリが美味しいとメールが来た。
オレも食べたい!」
と太田さんに言われていたので
ナスも一緒に持っていこうと天狗ナスを初収穫しました
太田さんにはナスビとキュウリを2コづつ届けました
キュウリ(固定種奥武蔵地這胡瓜)は
大きくなりすぎのようです   

エンサイも元気が良くなってきました
エンサイはクウシンサイとも言われ
茎の中は空洞になっており料理に使ったら
10分の1くらいに萎んでしまいます

3無畑で自然発芽をしたジャガイモを掘ってみました
食べれそうです

j-17.jpg  


1週間前の天狗ナスはこれくらいの大きさでした

j-19.jpg 


1週間後の今回の収穫では重さ訳300グラムになっていました
 400~700グラムまで大きくなるようなので
これでもまだ子供サイズです

j-18.jpg 
 


さっそく夜にナスビを皮付きのまま2センチ幅に輪切りにして
オリーブ油で両面を焼きました
オイシイ!
皮も含めてとろとろにやわらかく皮がまったく気になりません

次の日に太田さんから
「ナスビおいしいねえ、種はとれんかね」
と電話がかかってきました
「採ってみますよ」と返事をしましたが
こんなに美味しいナスビが全国区でなく
愛知県の伝統野菜なのは
なにか種を採るのに何か特別な方法があるのでしょうか
ちなみにネットで種と苗を調べて見ましたが
売っておりませんでした
 
今年になって1無畑を化成肥料から有機肥料栽培に
変えています
肥料の加減が良くわからないのですが
何とか育っているようです
今まで使っていた化成肥料がまだ土の中に
残っていると思うので
完全な有機肥料栽培になるのは2,3年先ですかな

2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

今年最後の磯遊び

2014年07月13日
今年の磯遊びはワカメ採りで終わりにしようと
思っていましたが
5月頃から産直の店に魚を買いに行くたびに
魚に混じって巻貝のビナが売ってあり
気にはなっていました

雨が続いてうっとうしいし、気分転換で
12日に磯遊びに行ってきました
PM3:47潮位20センチで天気予報は
曇り後午後雨になっています
この気温では雨に濡れても寒くはないので
着替えを持参して
いざ、海へ!

台風後の流木が多く流れ着いていました
j-10.jpg 


この日採れたのは
イボニシガイ(と思う)

j-11.jpg 


ジンガサ

j-12.jpg 


クボガイ(と思う)

j-13.jpg 


家に持ち帰りイボニシガとクボガイをメッシュの袋にいれ

j-14.jpg 


ペットボトルに入れて持ち帰った海水の中に入れて
一晩砂抜きしました
完全には抜けませんけど

j-15.jpg 


今日はどこにも行かず女房もいないし
昨日採った貝で昼酒でもするかと
11時頃から調理しました
3種をおいしく食べるためそれぞれ味付けを変えます
イボニシガイは苦味があるので一度茹でて
水できれいに砂と汚れを洗い落とし
次にショウガと酒とみりんと醤油とカツオダシをいれて
煮直します

クボガイも同じく1度茹でて中から出てきた砂等を
きれいに水で落とします
次に塩を入れてもう一度茹でます
茹でるのは1回だけのほうがおいしいのですが
プロが海の深いところで採るのと違って浅瀬で採る貝は
どうしても砂をかんでいます

ジンガサは湯の中に入れて身と殻をはずし
内臓も取り除き汚れも水で落とします
水気をふき取りごま油でショウガと炒め
醤油を少しからめて最後に小ネギを入れます

明るいうちに出来たので写真をパチリ
結局昼間から発泡酒2缶飲んでしまいました

貝の食べ方はいろいろ地方によって違うようです
わたくし、長い間食べているうちに
こんな味付けになりました

それと数年前に作ったのですがサザエも含めて
巻貝専用の身を取り出す金具です
金串を曲げただけなんですけど・・・・・

j-16.jpg 
海の遊び | Comments(0) | Trackback(0)

気になっていたズッキーニ

2014年07月07日
昨日小雨の振る中1週間ぶりに畑に行ってきました
小雨なのに行った訳は
ズッキーニが大きくなりすぎているだろうな
収穫しなければ、でした
案の定バカデカになっていました
このサイズになれば種が出来始めていますが
皮は硬くなく、種部分をスプーンでかき出せば
普通に食べれます

しかしこれだけの量を消化するには
野菜ジュースが1番です
 
j-7.jpg 


あのラブラブズッキーニも大きくなっていました
右側3本が店で売られている普通サイズです
今のところ普通サイズはほとんど知人にプレゼントで
ジャンボサイズは自宅で消化となっています
 
j-8.jpg 


エンサイを初収穫しました
ごま油で炒め塩コショーだけの味付けで
おいしいです

j-9.jpg 

台風が来てます
それもかなり大きい
明日は雨合羽を持って畑に行き
野菜が倒れないようにしなければ。
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

7月1日サツマイモ定植

2014年07月02日
苗作りをしていたサツマイモもやっとのことで
苗が採れる大きさになってきました

                               ベランダで育てている安納イモ 
j-1.jpg  


駐車場の隅に置いた物置の上で
「なると金時」と「紅はるか」

j-2.jpg  


昨日切りとって水を入れた発泡スチロールの中へ
入れておいた苗です
このまま畑にもって行きます

j-3.jpg  


黒マルチを敷いて1回目の定植完了です
手前から「なると金時」2株、「安納」8株、「紅はるか」16株です
これでサツマイモはほとんど何もしなくても育ってくれます
農園では、早い人は6月の初めにサツマイモを
植えておられます
こんなに遅くに植えるのは私だけで
自分で苗を作るとどうしても遅くなります
しかし昔はこのようなサイクルだったのではと
思います
 
もう少しすると又苗が採れるので
2回目の定植は3無畑です

j-4.jpg  


ズッキーニが一斉に収穫時期を迎えました
イエローを作るのは初めてですが
収穫した野菜が華やかになります
これに赤のトマトが加われば最高なんですがねぇ
ちなみに野菜日誌を見てみると
24年のトマトの収穫は
7月1日、ミニトマト7個、大玉トマト30個
25年は同じく7月1日に
ミニトマト39個、大玉トマト19個
でした
今年は今のところ0個です
早く自作のトマトを食べたいですな~!

j-6.jpg 


大きな葉っぱの奥の方で
ラブラブのお二人

j-5.jpg

2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。