スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

1年間のエネルギーの元

2014年05月30日
昨日のことです
このところ暑いので早い時間に作業を済ませようと
AM6:10に家を出て畑に行ってきました
前回畑に行った時にニンニクがそろそろ採っても良いよと
サインを出していたので。 

畑にはまだ誰も見えていません
畑に着いてすぐに引っこ抜いたので
写真を撮る私の影がまだ長いです
次に抜いたニンニクを別の場所に移し
その畝を次作のサツマイモ用に 
堆肥、有機石灰、草木灰と有機肥料を少し入れ
耕しました
本当は上記の材料を2週に分けて入れた方がいいのですが
ちょっとなまけて1回で済ませてしまいました
サツマイモは少し手抜きをしても大丈夫のようなので・・・・・
この時点で汗がびっしょり、エネルギーの残りのタイマーが
点灯を始めました
 
h-44.jpg 


初めて作る高級ニンニクのホワイト六片は収穫時期の目安となる
葉が3分の2が枯れるまで行ってないので
来週末くらいの収穫となるでしょう
楽しみです

h-45.jpg 


トマトはやっと小学生の大きさになってきました 

h-46.jpg 


よく見ると小さな花のつぼみが確認できました

h-47.jpg 


1年間のエネルギーの元を収穫できました
できは上等です
自宅に持ち帰りベランダで3日間ほど天日で干します
幸いにこの3日間は晴天のようです
少しづつですが4軒に届けます
 

h-48.jpg


トマトは昨年自前のを食べ終えてから1度も買っておりません
食べた回数は外食と女房がもらって来たのを合わせると
4、5回でしょう
えらそうに言いますが
自分で作り、収穫してすぐに食べるトマトは
みずみずしく歯ごたえがあり香りがいっぱいです
市販のトマトには「糖度が高くて甘い」と言ったような
キャッチフレーズを使い高価格で売っています
(が、香りがありません)
苗の段階でも高い価格で売られています
私が思うにはそれはもう行き過ぎですね
そこまでしなくていいと思うんですが
な~んちゃって
それと以前買ったときに水っぽいトマトも多くありました

昨年のトマトは6月23日に初収穫していますが
今年は小学生のトマトが社会人になるのは
7月中旬でしょうかな

スポンサーサイト
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

トマト定植

2014年05月25日
トマトの定植がやっとのことでできました
ホッとしましたなぁ
人間で言えば子供が幼稚園に入園したようなもんでしょう
これから小学校、中学、高校、大学と進み
晴れて社会人になった暁には私がまず最初に
ガブリ!
と試食ですな

h-36.jpg 


奥武蔵地這キュウリも定植
 
h-37.jpg 


丸オクラと赤オクラも定植

h-38.jpg 


イエローズッキーニも定植です

h-39.jpg 


種採り用に残しているミニ白菜1株
他の野菜の植え付けを邪魔しております
手前はインゲン 

h-40.jpg 


種が2種類採れました
左がからし菜、右がミズナ
すこ~しだけ大きさが違います
間違うといけないので
ズナを右側に置いてギガワのミズナ
その状態で車に乗せて持ち帰り
自宅でもミギガワにミズナを置いて
明日種を取り出します

h-41.jpg 


2週間くらい前の強風で倒れたニンニクです
やはり成長が悪いのが倒れています
そのままにしておくと腐れる可能性もあるので
倒れた分だけ早めの初収穫をしました

h-42.jpg  


それでもまあまあのできでした
夕食は1年ぶりの新ニンニクを
オリーブ油を使った料理でいただきました

h-43.jpg 


本日の福岡市の最高気温は29度でした
しかし畑は風が流れて体感気温が少し低く感じます
しょっちゅう外にいて紫外線をどっぷり浴びているので
体が暑さに順応してきたのかもしれません
半袖で畑作業する腕はすでに赤銅色になっております
 
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

トマトの支柱

2014年05月22日
昨日トマトの支柱立てをしました
いよいよ定植できるなあ
ってな感じです
昨年は1つの畝に2列トマトを植えて
葉が密集しすぎて風通しが悪かったのか
出来がいまいちだったので今回は
欲張らずに1列です

17株になります
苗は3種19株育っているのでミニトマト2株を
1株は3無畑で育て、1株は自宅で100円ショップのバケツを
使って育てる予定です
左側の畝には
インゲン、キュウリ、ゴーヤの支柱を立てました
 
h-34.jpg 


ゴーヤは毎日そんなにたくさん食べれませんが
昨年テレビでゴーヤをジュースにして飲んでいるのを見て
作ってみるとそれほど苦味なく飲めます
もちろんバナナ等他の材料もミックスせねばなりません
いかにも健康飲料ってな感じです
今年はゴーヤジュースをたくさん飲む予定で
2種類を1無畑で6株、3無畑で6株を
昨日定植をしました

ベランダで育っているペットボトル暖房トマトの苗は
大小ばらつきがありますが
やっとのことで来週中ごろに定植予定です

h-35.jpg
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

トマトとナスビの苗

2014年05月20日
5月18日
私の隣の方のトマト 
大きい
 
h-28.jpg 


その又隣の方のトマト 
かなり大きい
 
h-29.jpg 


私の畑のトマトを植える場所
まだ支柱さえ立っておりません
野菜作りが上手な金子さんが
私のトマトを植える予定の畝を見て
「余裕やね~」
わたくし
「心の中ではあせっているんですけど」

トマトは右側の1列です 
h-30.jpg 


ハハハ
トマトはベランダで太陽の光をいっぱい浴びて
大きくなろうと懸命にがんばっておりま~す
定植までもうすぐです
キュウリと「安納イモ」もがんばっておりま~す
駐車場の横においているプランターで
昨日サツマイモ「紅はるか」発芽しました
あとひとつ「なると金時」が芽を出してくれれば
サツマイモ3兄弟めでたく発芽となるんですが 

h-31.jpg 


昨日ニュートップの太田さんからステーキナスの苗が着いたと
電話をもらい取りに行ってきました

h-32.jpg

「たのむよ」と太田さん
「ぜひともステーキサイズを作って届けましょう」

今日は雨、明日は晴れの予報
ナスビは明日定植予定です
同時にトマトの支柱も立てましょう

以前ステーキナスのことを書いた時に
千葉県から苗が送られてくると書きましたが
愛知県の間違いでした
見掛けが悪いがチョー美味しいとのことです

h-33.jpg

トマトとキュウリの苗を少し多めに作っていて良かったです
太田さんもプランターで作るから苗を分けてくれと言われ
トマト4株とキュウリ2株を届けました
岐阜県にもトマト6株とキュウリ4株を送ったので
残りが私の畑に植えるギリギリの数になりました
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

保存食

2014年05月15日
保存食と言うよりも作ってから2ヵ月後以降にならないと
美味しくならないらしいラッキョ漬けを作りました
しょうゆ漬けと甘酢です
7月10日頃から食べ頃になります 

h-24.jpg  


数日前に作った乾燥タケノコ
あく抜きして天日で3日間干したら10分の1くらいの
大きさになりました

h-25.jpg  


4月20日に作った塩漬け乾燥ワラビです
あく抜きして2日ほど塩漬けし
少し水分を取って保存しようと一晩外に干していたら
乾燥していたのかカラカラに干し上がってしまいました
本来なら塩漬け失敗作なのですが
数本ほど水にさらし塩抜きして口に入れてみると
問題なく食べれそう
ハハハ
塩と乾燥でかなり長持ちしそうです
 
h-26.jpg  


昨年収穫して軒下に吊り下げていたニンニクも
3月頃から芽が出始めます
残っていたニンニクを芽が出る前に
しょうゆ漬けと酢漬けにします
しょうゆ漬けは野菜室で保存しますが
長期保存は難しいので少なめに作ります
漬かったニンニクを料理で使います
大きめに切ると醤油の塩辛さが残るので
みじん切りにして使います
醤油もニンニクエキスがたっぷり染み出て
ニンニクの香りも残ります

醤油漬けのニンニクを薄~くスライスして
食べてみたらけっこう酒の肴になります
(あまりたくさんは食べれませんが)
醤油漬けの写真はありません

同時に作った酢漬けは常温で保存できるので
醤油漬けが終わる頃からの出番になります
普通のニンニクと同じように使用すれば
ほのかな酸味が残りなんの料理に使っていいと思います

酢漬けニンニク
h-27.jpg 


会社勤めではないので人と会うことも少なく
毎日ニンニクたっぷりで構わないのですが
パートに行っている女房は
少しセーブしてくれって
です

6月中旬になれば新ニンニクの収穫です
保存ニンニクもいいが
やはり新鮮なニンニクがいいですな
2014年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

豆をまめに食べる。な~んちゃって

2014年05月13日
約束の朝10時にニュートップさんの会社に着き
太田さんに野菜の苗を渡しました
少し話をして帰ろうと思っていました
畑の豆3兄弟が気になっていたので
話が終えたらすぐに畑に行く予定です
1時間半ほどコーヒーお茶を飲み雑談をして
私が、それでは又、と言って帰ろうとしたら
太田さんが
「飯を食いに行こう」
近くの太田さん行きつけの和食の店へ行き
少し早めの昼食になりました
食事をしながらそこでも40分くらい話をし
店を出て「ごちそうさまです、それでは又」
と言ったら
「会社で食後のコーヒーを飲んでいけば」
と言われましたがお断りをして
畑に向かいました
博多駅の近くにある会社から畑まで
クルマで約50分かかります

畑に行くと昨日の強風で赤タマネギが全部倒れていたので
全部収穫しました
ニンニクも少し被害が出ていました
マメ3兄弟は予想通りたくさんできておりました
左からスナップエンドウ、ニンニクの芽
右端はグリーンピース、収穫時期のグリーンピース状態になっている
キヌサヤとスナップエンドウ

h-22.jpg 


キヌサヤとスナップエンドウはグリーンピースに比べると
中の実は少し小さいですが充分にグリーンピースと同じように食べれます
豆3兄弟と赤タマネギを明日2箇所に届けます
1箇所はコンピューター相談料として・・・・・

本日の夕食は3種混合豆ご飯(注射みたいですな)
副菜は小さく切ったウインナーとニンニクの茎と
スナップエンドウと新タマネギのオリーブ油炒め
(保存用に作っていおいた酢漬けニンニクをスライスして最初に炒め
味付けは塩、コショウと黒コショウ)
&ゴボウの牛肉巻きゴマ油炒めしょうゆ味
と昨日作っておいたジャガイモのサラダに
茹でたブロッコリー、スライサーで薄く切ったニンジン
レタス、薄く切って水にさらした赤タマネギをプラスしたサラダ
でした
な~んちゃって
メニューを書いてちょっと照れております

h-23.jpg 


会社勤めををしていないのに1日が早い
考えてみたら時間を消耗するメインは二つ
今日は時間がなくてできませんでしたが
まずウオーキング&ストレッチ、これに2時間半ぐらいかかり
次に夕食作り
きっちり午後7時に夕食を食べ始めるなら
5時から準備を始めねばなりません
食材を買うのに1時間くらいかかるから
夕食関係だけで3時間になります
この二つで約5時間半を消耗することになります

メニューが決まってしまえば少し気が楽になりますが
決まらないときは焦りますな~
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

苗作り

2014年05月12日
固定種の苗はトマトがトマトの苗らしくなってきました
手前はキュウリ、その向こうはトマト3種です 

h-15.jpg 


固定種の種を捲いて数日後
会社に勤めているときから
いまだいろいろお世話になっている
㈱ニュートップの太田さんと会った時
固定種のトマトとキュウリを作っていると話しておりました

世界一トマト
 h-20.jpg


しばらくして太田さんからの電話で
「オレ、今、断食道場にいるんだけど
固定種のキュウリとトマトの苗を譲ってくれない?」

福岡県にあるこの断食道場は
芸能人とか日本の各地から体の調整にくるらしい
1週間かけて断食をすると
体がスカッと気持ちよくなるとのこと
すでに1年先まで予約でいっぱいらしい

「千葉県から来ている人に、知り合いが固定種のトマトとキュウリを
育てようとしていると言ったら、その人がぜひともその苗が欲しい
その人からはステーキナスの苗を送りますからと言われた
だから苗を頼むよ」
「いいですけどまだち~さいですよ」

小さい苗を見ながらちょっとプレッシャーがかかりました

それから20日くらいして昨日太田さんから電話でがあり 
「苗はどうね」
「まだ小さいです」
結局小さくてもいいから送ろうと言うことになりました
それと
「ナスビの苗をまもなく送るってメールが来てね
苗が着いたらたのむよ」
頼むよとは私に育ててくれと言うことです
珍しいナスビなので興味もあり育てますが
まったくナスビは予定していませんでした 
上の写真の「世界一」と
下の写真の奥武蔵地這キュウリ」を
明日太田さんの会社に持って行きます
 
奥武蔵地這きゅうり
h-21.jpg 


そのほかの苗
●黄色マークは黄色ズッキーニ
●赤は栗カボチャ
● グリーンはインゲン
パープルはグリーンのズッキーニ
買ってからの3年目の種は発芽が悪い

h-16.jpg  


●スイカマークは昨年買って食べたスイカの種が100%発芽です
発芽の期待はまったく無く育てる畝を予定していません
しかしこんなに律儀に顔を出してくれたので
どこかに場所を確保しなければなりません
● イエローと赤は2種類のゴーヤです

h-17.jpg 


「安納いも」は昨年よりもずいぶん早く顔を出してくれました
今年は期待できそうです
しかし「紅あすか」と「なると金時」まだ顔を出しません

h-18.jpg 


バジルです

h-19.jpg
2014年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

ながら、ながら、ロケットストーブを焚く

2014年05月11日
畑で使う竹を山に取りに行ってきました
いい天気です。新緑がきれいです
今日も弁当持参です 

h-10.jpg 


もう大きく伸びて誰も取りそうに無いタケノコを
どなたの持ち主か知らない竹林で少し勝手にいただきました
タけノコが大好きでしてね~!
これくらい大きくなると下のほうは固くなって
食べれなくなるんですが
採ってからできるだけ早い時間に茹でると
柔らかく食べれるんですねぇ 
アク抜きの時間も短縮できます

昔、道の駅がまだ少なかった頃
タケノコシーズンに大分県のある道の駅に寄ったら
タケノコが売られていましたが
びっくりしたのはすでに午後3時頃とはいえ
タケノコの切り口がこげ茶色に変色しているのを
売っていました
昨日のタケノコ?と思ったほどでした
観光客に売るのでしょうが
ちょっと失礼ですよね
今はもうそんなことは無いと思いますが  

h-11.jpg 


取った竹を畑まで搬入して降ろし
昼ごはんです
もう休憩時にはパラソルがあったほうが良いです 

h-12.jpg 


弁当を食べてすぐに野菜の収穫です
ほかの作業はしないで
早く帰ってタケノコを茹でなければなりません
スナップエンドウ、もう終わりのほうのキヌサヤとニラ
このところほとんど毎日豆を食べています

h-13.jpg  


タケノコを採ってから約3時間後
ガス代がかからないロケットストーブの
出番です

ストーブの火の管理をしながら
少し大きくなりすぎたキヌサヤとスナップエンドウの筋を取りながら
帰る途中で欲張りジジイが採ったフキの皮をむきながら
今日はもう車は運転しないし
ストーブの火が熱いから
と発泡酒を飲みながら・・・・・


h-14.jpg 


ハハハ、わたくし、先月で67歳になりました
です
4年前に描いたプロフイールのイラストに
自分でもなんとなく似てきたような気がします
2014年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

安い魚

2014年05月10日
久しぶりに大きめのマトウダイを
産直の店「志摩の四季」で見ました
お!来たか!
と即買い物籠に入れたんですが
腹のふくらみ具合少し足りないような感じです
家でサイズを測ると38cmでした
350円也
淡白な味なのでダシを多めに入れて
煮つけで食べました
が、オリーブ油でニンニクをきかして
炒めた方が美味しいですな
しかし身のほうよりも
お腹の中が気になっていました

h-8.jpg   


同じく買ったのがウマズラハギ35cmサイズが2匹で350円也
良く行く店なので日頃の価格はよくわかっています
今日は特に安い!
このサイズでは十分に刺身がとれます
頭を落とし皮をつまんでバリッと剥がします
皮剥ぎですね
我が家では刺身に細かく切った小ねぎをかけて
ポン酢をかけます
私だけ、ポン酢にカワハギの肝をつぶして混ぜます 

h-9.jpg 


できるだけ新鮮な状態で魚を食べるには
食べるちょっと前にさばくのが一番いいです
それと自分でさばく楽しみがお腹の中身もあります
ちょっと話が長くなりますが
昔行きつけの割烹で小ぶりの細長い白子が出てきたんですね
白子といえば脳みそのような形の(変なたとえ)
タラの白子と思っていました
「大将、美味しい、なんの白子?」
「サバですよ」
「サバも白子がとれるんですか」
「魚は全部とれますよ」
それからです
腹の中に興味を持ったのは(変体?)
もちろん新鮮な魚でなければなりません

本日のお腹の中からの収穫物は
写真左上からカワハギの肝
その下はカワハギの卵
右側はマトウダイの卵
カワハギ肝は4分の1くらいをポン酢に入れて
残りは処分します
卵は煮つけで食べました
これだけ大きな卵を抱えているのは
今が旬なのでしょう

マトウダイのお腹にアンキモにも匹敵する白子がなかったのが残念です
h-6.jpg 


産直の店は新鮮で安い
そして面白い
普通の鮮魚店では目にしなかった
変な魚も目にします
以前であれば卸の段階ではねられていた
網にかかっても市場に出せない魚を処分せずに
直接店に持ちこんで安く売れるんですね

マグロは切っただけで美味しいけど
安い魚をなんだかんだ料理をして
美味しく食べるのも面白いと思います
料理 | Comments(0) | Trackback(0)

イカが続きました

2014年05月09日
コウイカが終わりのほうになると
モンゴウイカがドデーンと大きな姿を見せます
先月末、畑の帰りに産直の店「伊都菜彩」で買ったモンゴウイカは
この大きさで800円也
コウイカと同じような体形で斑点が無ければ
見分けが付かないと思います
しかしこのイカは大きくなります
その分味が大味になるようです
なので刺身には向かないので(と私は思う)
毎年このイカは
①湯通しして酢味噌で食べる
②てんぷらで食べる

湯通ししたイカと塩をかけておいてシャキシャキになった
輪切りのキュウリを酢味噌で食べればおいしいですな
私と同じで短足の足は太く
天ぷらにすれば口の中で
しばらくもぐもぐしておかねばなりません
イカは天ぷらがおいしいですな

g-29.jpg 


連休に女房が佐賀県の呼子温泉に連れて行けと言う
ハイわかりました、と私の運転で
AM8:30家を出て呼子の向かいます
女房の予定では昼ご飯にイカの生き作りを
食べるらしい
AM10:30に目的地に着いたら駐車場はすでに満杯で
中に入れず「いろは島温泉」へ変更
(敷地内にあるイカの生き作りが食べれる店の前には
すでに長蛇の列ができていました)

PM1:00頃「いろは島温泉」の帰り道
国道沿いのイカの生き作りが食べれそうな
レストランも駐車場は満杯
けっきょく諦めて鶏を予約しておいた店で
いつものかしわ飯弁当を買って
国道沿いの無料休憩所で食べました

それじゃ夕食に私がイカの刺身を作ろうと
帰る途中にある産直の店「福ふくの里」に寄ったら
立派なミズイカがありました
ミズイカは高価なので日頃は買いませんが・・・・・
今日は自宅でイカ三昧です・・・・・おおげさじじい

イカを買ってレジでお金を払うときに
産直の店では「調理しますか?」と聞かれます
店でさばいてくれるんですね
私は、しなくていいですよといつも断りますが
支払い終えた後にレジのお嬢さん(昔)が
「このイカはまだ生きているので氷を直接当ててはだめですよ
トレーの下に氷を置いてください」 
と丁重に教えてくれました

レジのお嬢さんが言うとおり
家でさばいていたら足の吸盤が指にくっくんですね
モンゴウイカと違って長い足が
くっついては離しくっついては離しの繰り返しです
ミズイカの耳は大きいです
普通イカをイメージする三角形の耳とまったく違います
胴体の長さと同じくらいの耳が付いています
耳は翌日の煮物に回して
今日はイカ料理の定番、刺身と天ぷらでいただきました


h-1.jpg 


ブルーのアイシャドウ

h-2.jpg  


連休明けに見たテレビで漁師料理だったですかな~?
とったばかりのスルメイカを肝と醤油と酒につけて少し時間を置く
それを食べた芸能人が「オイシイ~!」
と言っておりました
私も美味しいと思いましたですな
テレビを見て2日くらい後に畑に行く時に寄った
産直の店「志摩の四季」で生き生きの
スルメイカがあったので試してみるlことに! 
 
h-3.jpg 



肝と醤油と酒のバランスが悪かったのでしょう
いまひとつでした

料理 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。