スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

トマトの準備

2012年03月30日
暑かったですなぁ
汗をかいてしまいました
昨日の畑仕事は、かなり早めのトマトの準備です
農園では一番早い準備で、また例年農園では一番多くトマトを作っているもんで
作業を始めたら、4人ほどが集まってきて
「これ全部トマト?」
「そうですよ、去年よりも多く作ります」
宴会部長のオオツキさんが
「これだけ作るなら、オレんとこ作らんでもいいや」
「だめだよ、オオツキさん、トマトに全部番号をつけておくから
無くなったら請求書を回すよ」
と言いながらの作業でした
 
乾燥をしたミカンの皮を入れると甘くなると本に書いてあったので
畝の中心を深く掘って
大量の皮の投入です 
 
j-tomatoune-1.jpg  


自家製堆肥と石灰を土と混ぜ、畝の完成です

j-tomatoune-2.jpg  


黒マルチをかけて、約1ヶ月間、堆肥を熟成します
作業が終わった頃には日も傾き、私の影も長くなってきました
右側の畝は、3種のマメでエンドウ、スナックエンドウ、キヌサヤです
その又右側はニンニクです
どちらもうまく育っており
この暖かさで3種のマメは一気に伸び、花が咲き始めるでしょう


j-tomatoune-3.jpg 


衣装ケース温室では、アイコとフルーツトマトの芽が出てきたが
大玉トマト桃太郎の姿がまだ見えません
ただ今ミニトマトのアイコ6本、フルーツトマト3本が発芽です
 
j-tomato-2.jpg

昨年のトマトは6月28日に初収穫をして
7月29日に最後のトマトを収穫しています
予定通りにいくと、自前のトマトが食べれるまであと3ヶ月
昨年最後の収穫してから、トマトは1度も買ったことがありません
なので大変楽しみにしています
ミカンの皮を入れた効果も期待です
7月の1ヶ月間で、1年分の食べだめをします
 

スポンサーサイト
2012年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

室見川

2012年03月25日
北風は少し冷たいが、室見川は春らしくなって着ました
こちらの方は鳩に、対岸の方は海鳥に餌を
 
j-muromi-1.jpg 

野草の花が咲き出しました
ツクシは頭が開いてもう終わりのようです
これから川岸のあちらこちらでお弁当を食べる光景が
見られるようになるでしょう


j-hana-1.jpgj-hana-2.jpg
j-hana10.jpgj-hana-4.jpg
j-hana-5.jpgj-hana-7.jpg
j-hana-8.jpgj-hana-9.jpg
j-hana-11.jpgj-hana-12.jpg
j-hana-13.jpgj-hana-14.jpg
j-hana-15.jpgj-hana-16.jpg
j-hana-19.jpgj-hana-20.jpg
j-hana-21.jpgj-hana-22.jpg
j-hana-23.jpgj-hana-25.jpg
j-hana-26.jpgj-hana-27.jpg
j-hana-28.jpgj-hana-29.jpg
j-hana-30.jpgj-hana-31.jpg
j-hana-32.jpgj-hana-33.jpg
j-hana-34.jpgj-hana-35.jpg 

クレソンの花も

j-kureson.jpg








 








風景 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話 ⑧

2012年03月24日
トマト発芽

衣装ケース温室で1本が発芽
芽が出るかな?と、少し疑っていた自家採取の種
ミニトマトのアイコです
2日続いた雨も上がって太陽が出てきたので
今から一斉に芽が出てくるのを期待です


j-tomato.jpg 



3月15日

F大学病院で最初に採血をしてその後、放射線科に行き
放射線治療の説明を受ける
正式治療名は「強度変調放射線治療」
最新式の機械で、九州だったか福岡県でだったかちょっと忘れたが
九大と古賀病院と・・・4台しかないらしい
最新型だけに治療費がワンクール150万円かかるそうだ
もちろん保険はきき、健康保険限度額の適用があるからかなり低く抑えられる
そんな立派な物で治療してもらえば安心であります
ただ大きく変更があって治療開始がなんと8月からとのこと
3ヶ月先からこんどは6ヶ月先の変更です
その間ガンが進行しないかと思ったが、先生の中では想定内らしく
それまでには注射と薬でガン細胞がかなり縮小するので
それから放射線で消しましょうと言われました
8月7日に入院をして21日から治療を開始
週5回で計38回の照射だから2ヶ月間の入院になりました
8月の入院なら畑のことは夏野菜も収穫できて何の問題はないが
じっとしているのが苦手な私は、退屈であろう2ヶ月間をどう過ごすか
これがちょっと心配です

次に泌尿器科の担当の先生の所へ行き血液検査の結果を聞くと
PSAが14,37に上がっている
前回の検査では12.0だったので2割近く上がっている
それでも先生は、少し上がっていますね、と言うくらいで先生としては
これも想定内らしい
「今日は腹にホルモン注射をしてもらいます、薬は31日分出しておきます
次回は4月16日に来て下さい」 
これで次回病院に行くのは1ヶ月先になるので
病院の話は1ヶ月お休みになります

治療室で注射をしてもら時
看護士さんが
「はい、ベットに上向きに寝てお腹を出してください
腹の筋肉に注射をします、注射はこれです、ちょっと痛いですよ」
注射器の針を見せてくれたが、いつもの注射に比べると大きい
見せてくれなくても良かったのに・・・・・
注射をするとき私の腹を見て
「アラ!腹が無い」
「いやあ、家で食べさせてもらっていないんでねぇ」
「ハハハ、はい、いきますよう」 
筋肉注射は過去にも経験するが、いつも痛い!

元々腹には贅肉があまりついていなかったが
2年前に胃を三分の二取ってから更に腹に肉が無い
身長170センチで今の体重は53.5キロ
術後体重は7キロくらい落ちている
食べる量は手術前と同じくらいに戻っているのに体重は戻らない
せめて60キロになりたいですなあ

本日の医療費は注射と薬を含めて¥23.350也
病院 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話 ⑦

2012年03月23日
今月は病院のスケジュールでいっぱいです
すでに終わった事も書いてみると

3月 3日 F大学病院 MRI検査
3月 8日   ヾ   問診
3月12日   ヾ   問診
3月13日 S大学病院 口腔外科定期検診問診(舌ガン)、外科定期検診血液検査(胃ガン)
3月15日 F大学病院 血液検査 腹部筋肉にホルモン注射
3月16日 S大学病院 外科CT検査(胃ガン)
3月27日   ヾ   外科定期検診胃カメラ  口腔外科定期健診エコー検査(首のリンパ節ガン)
今月は胃ガンの3ヶ月検診と口腔外科の6ヶ月検診がダブルである月でした

仕事をやめたから時間はたっぷりあるんですが
そのぶん収入が減っているので
医療費がタイヘンです
 

3月12日
今日は教授たちが話し合われた結果の治療方法を聞く日です
結果は
私が過去に数箇所のガン摘出手術をしているので、今度も手術で取ると
過去のガンが再発をした時に抗がん剤が使えなくなる
したがって放射線治療になります
治療開始は3ヵ月後からになります
その間ホルモン治療で進行を止め、少し小さくしてから
放射線の照射をします
本日、3日分の薬を出しておきます
でした
放射線治療は患者が順番待ちのようです
薬を貰って、初診から約3ヶ月経ってやっと薬を貰い治療開始です

なんで抗がん剤が使えなくなるか聞き逃したが
入院日が大きく変更になりました
ネットでホルモン剤の効き目はネットで確かめていたので
まあ薬を飲みながら待とう、3ヵ月後なら、夏野菜の植え付けは問題ないし
しかし収穫時期の入院になるなあ・・・・・
飲み薬名は ビカルタミド錠80mg「サンド」
「カソデックス」のゼネリック品で
価格は1.5割ほど安くなっています
女性ホルモンで、男性ホルモンを押さえていく薬で
飲み続けていると胸のふくらみ等が 出てくる人もあるそうです
前立腺ガンは日本人も欧米並みの食事を取るようになってきて
増えたようです

「お元気ですか」
と電話をいただいたカワバタさんとオオスミさんには病気の話はしており
4月初めからの入院と言っていたので変更の電話しなければ。
 
次回の受診日は15日です
     


病院 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話 ⑥

2012年03月22日
昨日今日と良い天気でした
二日とも雑用があり、久々の太陽の下での畑の草取りが出来ませんでした
農園には多くの人が来られていたことと思います


3月8日
午前にF大学病院に検査結果を聞くために行ってきました
骨シンチとMRI検査の結果です
結果は
グリーソンスコアが高いけど、ガン細胞は前立腺の中のとどまっていて
他への転移と骨への転移は見られない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少しほっとする
治療方法として、手術か放射線があり、どちらも同じくらいの効果がある
手術と放射線のメリットとデメリットを先生が話をしてくれたが
どちらの治療をするか私に決めるように言われる
5月初めの夏野菜の植え付け時には畑にいたいから 
「先生、手術で行きます、4月初めの入院でおねがいします」
「放射線であれば数ヶ月先の入院になるが、手術であれば大丈夫でしょう
明日、教授たちが集まってもう一度検討をするので
それからの正式な決定になります。
そのことを話しますので3月12日に来て下さい」

余談です
先生と手術のことを話している時、先生が
手術をすると男の機能がかなり低下します
とおっしゃいます
あらかじめネットでそのような知識も得ていたので
「いや先生、ずいぶん前から機能してないから大丈夫ですよ」
「いやいや○○さんはまだ64歳でお若いではないですか」
「機能の低下と共に、頭の中の煩悩も無くなってくれるといいんですがね」

以前何かで読んだが、ボケている老人が看護士の尻を触ると書いてありました
ボケていても本能が出るらしい
怖いですねー!
  
 










病院 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話 ⑤

2012年03月21日
畑が忙しくて書く材料がたくさんあれば、病気の話は
ブログの題に合わないから書かなかったかもしれません
昨年末から今日まで畑はほとんどすることはなかったのと
それと入院が近々だろうと、2月末でアルバイトをやめているので
わたしの時間がたっぷりとれます
時間があるのにブログを書く材料が無い
それじゃと病院の話でも書くことにしました

アルバイトをやめた年齢は、64歳と10ヶ月
会社に行くことによって、生活のリズムが保たれていたが
やめて見るとやはり少しだらけ始めています
ずっと前から、最後の会社勤めを終えたら水彩画を描こうと思っていました
とりあえず道具と参考にする本ををそろえておりますが
いつから始めることでしょう 

j-suisai-1.jpg

j-suisai-2.jpg 
j-suisai-3.jpg 


3月3日
午前中にF大学病院にてMRI検査です
CT検査に良く似ているが、大きく違うところは音です
私が検査着に着替えて更衣室に待機していると
まもなく始めます、と看護士さんが呼ばれたので、検査室の入り口に立って待つ
しかし検査を終えたらしき患者さんがなかなか出てきません
看護士さんが入り口のドアを開けたまま中に入っていくと
中では、ベッドに横たわった少女が寝たまま、大きな声で泣いています、小学生でしょう
側でお母さんが一生懸命なだめています
きっとあの音が怖かったのだと思います

病院内で鼻にチューブを通した車椅子の子とか、同じくお母さんに抱かれた
赤ちゃんを見ます
私くらいの歳になれば病気は仕方はないかと思うが
小さな子が鼻にチューブを通しているのを見るのはちょっとつらいですね
ご両親はもっとつらいと思います

さて私の番で、先生が
「大きな音が出ます、この検査をしたことがありますか」
「はい、あります」
「じゃあ大丈夫ですね」
始まるとヘッドホーンをしていても、道路工事をしているよう音など数種類の音が
ガンガン!ゴンゴン!と耳に入ってきます
狭いスペースに入ってこの音では、先ほどの女の子にとっては恐怖でしょう
検査は約20分位で終わり
その後泌尿器科の担当の先生と話をしたが、前回の骨シンチ検査の結果は
次回にMRI検査の結果と一緒に話しましょうとのことでした
次回は3月8日になりました

8日は、昨年12月8日にF大学病院で血液検査をしてからちょうど3ヶ月目になります

MRI検査が終わってからいったん自宅へ帰り、昼食をとった後に
ニンジンの種をまきに畑に行きました
病院 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話 ④

2012年03月20日
2月23日
F大学病院にて、骨(コツ)シンチの検査
AM9:00 血管に注射器で造影剤を入れる
しかしすぐに検査が始まるのではなく、PM0:40から検査をするとのこと
いったん自宅へ帰り時間を待つ
別のガンの定期健診で通院しているS大学病院が歩いて12分
今回の大学病院も、電車で行けば自宅から15分後には受付に着ける
両病院とも通院には楽で助かります
更にF大学病院から歩いて15分くらいに場所に
時々利用をしている図書館があるので、入院中にこそっと行けるかも

骨シンチ検査は、CT検査と同じような物で、丸いドームの中を
全身が通ります
約20分くらいだったかな、
本日の検査は終わりです
次回は3月3日のMRI検査です

病院 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話 ③

2012年03月19日
2月9日
1月31の検査結果を聞くために病院へ行く
結果は
12箇所の組織のうち、2箇所からガン細胞が見つかり
グリーソンスコアが8.0(グリーソンスコアは最高10.0まで)  
検査を受ける前にネットで前立腺ガンの事をかなり調べておいたもんで
この数値を聞いたときは結構高いな思いました
ネットで見る限り前立腺がんの進行はゆっくりと進むため
その間いろいろと治療ができるようです
この8年間に舌ガン2回、首のリンパ節ガン、胃ガンにかかったが
治療がうまく行ったためか、今回のガンもそれほど驚きはしませんでした
ガンという言葉に慣れたのかもしれません
しかし最初の舌ガンはまだ今よりも少し若かったため
ちょっとショックでしたが・・・・・

ガンが見つかったので、こんどは骨への転移をしらべる検査を
2月23日にすることになりました
この検査を骨(コツ)シンチと言うそうです

気になるのはもちろん病気のことですが
もうひとつ気になるのは、畑のこと
昨年末から少しの草取り以外に何もしていない分、4月から畑が忙しくなります
入院はいつからか?
入院日が決まらないと、畑の予定が立ちません
が検査が続きます
 
余談です
担当の先生は30歳代の若い先生です
診察室で私に説明中に、先生に電話がかかってきて
(相手は看護士さんと思います)
少し話をしたところで語気を荒げて
「今患者さんと話をしているところ、後で連絡をする!」
と言って携帯を切り、その後に
「モー!」と一言
私が
「先生、イライラしてるとガンになりますよ」
と言ったら
「よく言われます」
多くの患者さんを診てあり、かなり忙しそうです


病院 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話 ②

2012年03月18日

1月30日
1泊の検査入院のため25分くらい歩いてF大学病院に行く。
AM9:00からの入院ではあるが午前中看護士さんの話を少し聞くくらいで
他は何もすることが無いので持ち込んだ本を読む

肛門から器具を入れての検査をするため、昼過ぎに浣腸をされて腸をきれいにし
その後、尾てい骨付近に麻酔注射をする
これが結構痛い
PM2:00頃より検査が開始
検査室に入ると学生の男女一人づつが立っており
先生が
「研修のため見学させますのでよろしくお願いします
産婦人科で赤ちゃんを産むような体勢で検査をします」
赤ちゃん産んだことは無いが、おおよその想像がつく
! 生むところを?この若い二人に見られてしまうのか!

下半身裸で座った椅子の左側は短いカーテンがかかっており
足の後ろ側には足を乗せるようなものが着いている
先生が
「はい、回ります」
椅子はゆっくり左側へ回って止まる
私の目の前は短いカーテンで何も見えないが・・・・・
自動的に足首のほうから足が開いていき、椅子も後ろ側に倒れる
私の足は器具に支えられ、中に浮いている

先生が「入ります」と言ったが麻酔が効いているため違和感はなし
「今から12箇所の組織を採ります。この音が合図です、鳴ったら採り始めます」
「グワッシャ!」
変な音だ、見えないので何の音か分からない
「グワッシャ!」
肉の壁に何かが入ってきて剥がしている様な感じ、少し痛い
先生が「痛くありませんか」
「大丈夫です」
「グワッシャ!」 これを12回やって終了
麻酔が効いているため、パンツとズボンになかなか足が通らない
やっとのことでズボンを穿き終え、看護士さんに車椅子で病室まで送ってもらう


1月31日
AM9:30分くらいに、尿検査をするが血液が混じってなく異常なし
AM10:30分くらいに退院をする
病室で看護士さんから 退院されて結構ですよ
と言われたので、帰り支度をしていると
同室の人が
「もう退院ですか」
「はい、検査だけの入院ですから。 おそらく又戻ってきます」
皆さん、入院生活が長いんでしょうね

かかった費用は¥30.470也、注射も痛かったがこれも痛い
帰りも歩いて帰りました。歩くにはちょうど良い距離です 
2月9日に本日の結果を聞くことになりました

学生に見学されての今回の検査の事を知人の女性に話すと
「やだぁ、私、大学病院で検査を受けたくない」
 

病院 | Comments(0) | Trackback(0)

病気の話

2012年03月16日
トシですな~! 病院通いに忙しい

ここ数年風邪を引いたことが無いし
ガンと盲腸になった他は病気になっていないのに
又新しいガンです

昨年12月8日 F大学病院で前立腺ガンの検査をしました
これより数日前に、S大学病院での血液検査で
前立腺の腫瘍マーカー(PSA)の数値が高かったためです
S大学病院に泌尿器科が無いため精密検査が受けられず
F大学での精密検査になりました

F大学病院では尿の勢い検査と血液検査
そんなに時間はかからずに結果が出て、血液検査はPSA値が12.0の数値でした
(0~4.0までが異常なし、5.0~10.0までがグレーゾーン、
11.0以上がブラックゾーンと言われています)
数値が高いだけで、ガンと決まったわけではありません
本日の検査はここまで、次回は翌年の1月5日にエコー検査と直診をすることになりました 
次回の検査まで約1ヶ月空くんですね
F大学病院は新館も出来て患者が多く、検査の順番待ちのようです

新年1月5日
本日はエコー検査と肛門からの直診の検査です
エコーはなんてことは無いのですが肛門検査がちょっとですねぇ
「はい、 ベッドにうつぶせになってください」
パンツを下げて、先生が指を肛門にグリッ!
 ウフ~ンと声が出そうに。(これは冗談です)
先生がオチンコの裏側のあたりを指でこすりながら
「ここが硬くなっていますね、痛くありません」
「いや、特別痛くはありません」
 その周りをしばらく触って
「硬くなっていますね、ガンの疑いがあります、次回組織をとって調べましょう」
次回は1月30、31日の一泊の検査入院になります

また、1ヶ月空くんですねぇ
文字ばかりで面白くないから休憩を兼ねて
                                       次回へ続く
病院 | Comments(0) | Trackback(0)

久しぶりの良い天気

2012年03月16日

久しぶりに天気の良い日が続いたので
自家採取のトマトのタネまきと
これも自前のサツマイモ種芋の植え付けをしました
トマトは3種で大きいサイズの桃太郎、少し小さめのフルーツトマト&小さいアイコ
タネを蒔いて見たものの、芽が出るのかな?と、自分で採取をしたタネを少し疑っています

太陽が出ても気温は低く、これでは発芽をしないので衣装ケースに入れて
2階のベランダに置いて夜は部屋の中に取り込みます
このやり方は他の人のブログで見ました
発芽しないときは、市販の苗を買えばよいことなので少し気が楽です
しかしうまく苗が出来たら2.000円以上の経費削減になります
 

i-tanemaki-1.jpg 

i-tanemaki-2.jpg 


サツマイモは2種類で3個を、昨年苗を作った同じプランターを使い
殺菌した土の中に埋めました
他の人のブログに
まだ眠っているイモの発芽を促すため
土に入れる前に48度の湯に40分つける
こうすると発芽を促進させるとかいてあったので
同じように48度のお湯を入れたクーラーボックスで40分間浸かってもらいました
さて、どうなりますか
 
i-satimaimo-1.jpg

2012年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

ベランダ野菜

2012年03月11日
雨ばっかりですね~!
この雨を利用して、タネを蒔いた後の水を切らしてはいけない
ニンジンの種だけは蒔いておきました
土を薄くしかかけていないので雨に流されていないかちょっと心配です
雨の合間をぬって畑に行っても草取りする他はすることが無いし
そこで我が家のベランダ野菜をちょっと!  

昨年9月に定植したブロッコリーがやっとこさで
大きくなってきました
時間がかかりましたねえ、そろそろ収穫できるでしょう
同じ時期に定植をした畑のブロッコリーは、昨年末で収穫を終えています
ブロッコリーの葉はジューサーでジュースにして飲めるそうですので
作ってみましょう
キャベツと同じでまずいとは思いますが・・・・・

i-burokori-1.jpg 

i-burokori-2.jpg   
 
  
  
枯れてしまいそうだったサニーレタスは
明るい緑の新芽が出てきて復活です
少しづつ外側の葉を剥いで食べております


i-retasu.jpg  

  
ミツバも元気になってきました

i-mituba.jpg 


全部みかんの皮です
乾燥させて小さく砕き、トマトの畝に入れれば甘くなると本に書いてありました

i-mikan.jpg  


駐車場の横のスペースでニトリのビニール袋は?

i-haibisukasu-1.jpg  

ビニール袋の下は、昨年初夏に植えたハイビスカス
この場所は南側ではあるが冬の間、日が当たりません
袋を被せて冷たい雨雪等をしのいでみたが
今は枯れたようになっています
復活するのでしょうか?
1昨年は大きなツルになり、収穫できるかもと期待したパッションフルーツが
やはり冬になり枯れてしまっています

i-haibisukasu-2.jpg 


自家製生ゴミ堆肥がかなりストック出来ています
今年の1無畑の春夏野菜は、今まで使っていた化学肥料を使わないで
堆肥のみでいけそうです

写真の左側は発泡スチロールの箱で新しい生ゴミを入れます
1ヶ月半ほどで右側の段ボール箱に移して
更に1ヶ月ほど熟成させます 
ダンボールには新しいゴミが追加されないため、水分が少なく
全てをダンボール箱一個で作っていたときに比べるとダンボール箱が長持ちします

i-namagomi.jpg 
 





2012年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。