スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

焼き芋

2011年12月31日
31日というのに焼き芋の写真です
焼いたのは1週間くらい前ですが
ダッジオーブン初料理です
少し残っていた小さめの芋を、ネットで取り寄せた小石に乗せて
ガスコンロで焼くこと約40分
 

h-isiyakiimo-1.jpg 


ホックホクです
中華鍋で焼いたのより、こちらの方がかなり美味しい
サツマイモは子供の頃に食べて、その後、何十年も食べていなかったのに
この歳になって
美味しいもんだなあ
来年はもう少し多くサツマイモを作ろうかな
と思ったりしております
今年収穫をしたサツマイモは
種イモ用に少し残して終わりです 
 
h-isiyakiimo-2.jpg 


今日から3日まで、大阪に住んでいる長男夫婦が
孫を連れて里帰りをします
孫との3日間
グッタリなるでしょうな

それでは皆様、良いお年をお迎えください
スポンサーサイト
2011年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

ちょっと切ない話

2011年12月29日
今年は虫が多かった 

農園で、5人が集まり話をしていると
虫の被害の話になりました
農園でも1,2番の野菜作りが上手なKさんは、こまめに青虫退治をして
虫にも負けず立派な白菜とキャベツを作ってありました
Kさんは東京の娘さんに、自慢の白菜を送ったそうです
そしたら、娘さんから電話があり
「白菜の中から虫が出てきて、気持ちが悪かったから捨てたよ」
・・・・・。  
 
それを聞いた、Tさんが
「うちもねえ、ブロッコリーを収穫して家に持って帰ったら
女房が、ムシが中から出てきたので捨てたと言う
去年は、葉っぱは虫に食われたけど
食べる部分にはムシがつかなかったけどねえ」 

農園の男供は虫に慣れていて
取り除けば何の問題は無いと思ってはいるが
女性たちには
ウワー! なんでしょう
無農薬なので安全な野菜なんですがねぇ
h-higai.jpg 


あと何回?

5人の中で最年長のKさんが
「あと何回(何年)野菜を作れるやろうか?」
Kさん68歳、私64歳
他の3人は66歳、65歳、64歳で平均年齢は高い
皆「うーん何年やろうねぇ」
それから病気の話で盛り上がり
「とにかく健康でおらんといかんね」
になりました
私としては、とりあえず70歳の、畑を借りて10周年を
迎えたいと思っております

今年も後わずかになりました
来年の農園はどんな出来事があるんでしょう
2011年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

たくあん漬け

2011年12月27日

寒くなりました
24日の事ですが農園に行くと、他に誰も来てありません
北風がヒューヒュー吹きぬけていきます
人がいない農園は寒々しています
この時期は、皆さんほとんど収穫が終わり
他にすることも特に無いようです


h-nouen.jpg 


収穫は
1無畑のサトイモは初収穫で、これで終わりです 、3株育てていました
3無畑のジャガイモは2回目の収穫で、こちらも終わりです
ちょっと小粒で、でこぼこしています
タクアン漬け用に干していたダイコンはちょうど良い具合のようです

h-syukaku.jpg  


早速、漬物本の通りにダイコンを漬けました
ダイコンの重さの塩6%、三温糖3%、米ぬか15%
トウガラシ、コンブ、色づけ用に干したミカンと柿の皮を入れ

上からダイコンの葉を被せ、ダイコンの2倍の重石を乗せて
新聞紙で被って終わりです
約二十日後位に水が上がれば、重石を半分にします
それから2週間後位から食べれる予定です
 ダイコンは萎びて小さくなっている上に、8本しか漬けていないので
容器の底の方にこじんまりと収まっています

自分でダイコンを漬けるのは初めてで
ずっと遠い昔、父と母が共同作業で
大きなタルに漬け込んでいたのを思い出します

h-takuan.jpg h-takuan-2.jpg 

2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

魚のハモを買ってみた

2011年12月25日
巨大なハモ

産直の店伊都菜彩で、ハモを初めて買いました
価格は380円也、大変安い
大きいなとは思っていたが、発泡スチロールの上に丸められ
ビニールがかかっていたので、買った時点では
大きさははっきりとは分かりませんでした
ビニールをはずしてみるとでかい!
1メートル以上はある  


h-hamo-2.jpg 

早速ネットでさばき方と、料理を調べてみたら
これだけ大きなハモの調理法は書いてはありません
普通サイズのハモは小骨を切ると書いてあり
切るところをテレビでも見たことがあります
しかしこれだけ大きいと、小骨もかなり大きいはず

とりあえず3枚におろし
研いでいた包丁で、1ミリくらいの間隔で小骨を切り始めたが
シャキッと切れずにゴリッと切るような感じで
3センチほど切ってみたところで止めました
小骨は硬いし、切った身が崩れていきます
皮を残して切るのも大変難しい
ギブアップです
コノシロをよく骨切りをしていたから、同じようなもんだと思っていたが
そんな簡単な物ではなかったです

骨が切れないのであれば、食べることはできないだろう
処分をするしかないと思いましたが
身をとった後の頭と中骨でダシをとれば
いいダシが出るとも書いてありました
(小ぶりのハモの場合ですが)
それじゃ身の部分も全部、大鍋に入れてダシをとってみるか! 
 
h-hamo-1.jpg 

煮立ってくると、魚の美味しさを示す油がかなり浮いてきました
これはいいダシが出ている(旬は7月のようですが)
どんな味がするか、身の部分を少し試食してみると
美味しい!
あれ!小骨があまり気にならない
味噌汁にして、刻んだ白ネギをたっぷり入れて食べたら美味しかったです
 
なんで小骨がそれほど気にならない?
ハモが巨大に成長したため、小骨と小骨の間隔が広がり
一口大当たりの小骨が少なかったんでしょうね
小骨も大きくなっているから外し易かったです
夕食で3日間(女房は2日)食べたがそれでも残り
ハモには申し訳ないが、最後は生ゴミ堆肥に回りました
もう一度、デカハモの煮物、カラアゲ等に挑戦したい
と思っております
 



料理 | Comments(0) | Trackback(0)

ピーラー

2011年12月20日

白菜漬けが美味しいですなぁ
ゴマと醤油をかけます
これにサトイモの味噌汁で
ご飯が2杯食べれます

やっと博多駅に行ってきました
大きい建物です
しかし中に入ったのは、東急ハンズのみ
ハンズは福岡に無いずっと昔から行って見たいと思っていました
各階、目の保養をしながら回っていると
キッチン雑貨売り場の入り口で、なにやら実演販売している
覗いてみると
ピーラーの販売
中年のおじ様が、主婦達を面白おかしく笑わせながら
見事に手際よく野菜をカットして、売っていたのがステンレス製の
これ!

h-pi-ra-.jpg 

買いました
薄くカットするのと、細切り用大小の替え刃
早速夕食で使ってみると
すばらしい切れ味
今まで包丁で千切りしていたのは、なんだろうと思うくらいです

一緒に売っていたのが
シリコンの水切り 「なんでも小ざる」
これも買ったが、便利がいい
いろいろ使い方があるが
特にいいのは、水切りと絞りです
シリコン製で柔らかく、水を切ってそのまま絞れます
ピーラーとこれで
料理の見かけを良くすることと、時間短縮ができそうです

h-sibori-2.jpg   


帰りに天神のジュンク堂書店に寄って買ったのが、ダッジオーブンの本
読んでみて、料理後の手入れの大変さが更に分かりました
ダッジオーブンではまだ何も料理を作ってなく
今のところ、オーブンについていた説明書の通りに
塗ってあるシリコン落としに、ガスレンジで30分熱し
その後、野菜くずを入れてかき混ぜ、オーブンの肌になじませ
最後はお湯で洗う
洗剤は使ってはいけないそうだ
仕上げににオリーブオイルを薄く塗る、すでにこの作業を4回終えて
初料理は来年早い時期にでもと思っていましたが

石焼いもが簡単で、美味しく出来ると本に書いてありました 
石焼用の石を売ってある会社名も載っていて
サツマイモも少し残っているで、試しに焼いてみようと思い
さっそくネットで注文しました
2,3日後には我が家に着くようです

h-dagiobun-hon.jpg 


ネットの写真の石焼いも用石です
h-isi.jpg 

3年前までは中央区の警固にあった会社に、毎日仕事に行っていたのに
会社を辞めてからは、都会の人ごみが何かわずらわしく感じるようになり
マチとは反対の郊外ばかりで時間を使っています
産直の店を覗いたり、500円の日帰り温泉に入り
野菜を作り、農園の皆さんと雑談をする
どんどんイナカの人になって行っているようです

2011年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

漬物ダイコン

2011年12月15日

1無畑のダイコンが一斉に大きくなってきました
大きくなるスピードに食べるのがついていきません
そこで初めてのダイコンの漬物を作ってみることにしました
週間天気予報では雨マークは無し
まだ小さいエンドウの支柱でシナッとなるまで干します
 

h-daikon.jpg 


今、自宅で白菜漬けを作っています 
毎年白菜と高菜を漬けるが
重石はホームセンターで買った8キロと12キロの二つしか無く
かなりアバウトな塩加減と重石も適当だったので
水が上がらなかったり、そうなると塩を多めに入れて塩辛かったりでした

美味しい漬物を食べようと
漬物の本を買ってきて 、本の通りにして漬けてみると
本の通りに3日目に 水が上がってきました
明日から食べれます
水が上がると重石を半分にすることと書いてあります
今の重石は8キロを使っているので4キロになるが 
4キロの重石は無く
数日前に室見川の上流でとってきた石4.3キロが
重石になりました 

h-omosi.jpg  


一無畑で落ちたトマトから夏の終わり頃に3本自然発芽しました
その内元気な1本をどうなるかと残しておいたら、ミニトマトのようですが
かなり大きくなってきました
トマトは毎年5月初めに苗を買って畑に植えます
農園の人達も待ってましたと一斉に植えられます
5月初めに植えるというのが、何か決まっているような感じで
7月中旬から一斉に熟れ始め、8月中旬で終わってしまいます

ネットでトマトの育て方を調べていると
露地栽培で10月頃収穫したトマトは糖度も増えて美味しく
熟す時期に長雨に会わないから腐ることも無いと書いてありました
と言うことは苗をずらして植えれば、長期間収穫できて
おいしいトマトも食べれられることになる
「5月初めに苗を植える」
本にも書いてあったし、これを勝手に自分の中で決めていました
来年は自家採取のトマトの種3種を
初回は3月中旬に自宅でポットに種をまき、温度管理をしながら育て
次に5月初めにポットに種をまき、自然の気温で育てる
これでやってみよう!
今年は8月中旬で収穫は終り、その後は食べていないが
来年は10月までトマトを食べているかもしれない

 
h-tomato-2.jpg

2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

ベランダのサニーレタス

2011年12月10日
ポットから プランターに移植をしてから2週間 
外側の葉から少しづつ収穫ができるようになりました 
セルに種をまいてから85日目くらいになります
 

h-retasu.jpg 

プランターの土は、古い土を太陽で殺菌をしての再利用で
元肥として自家製の堆肥を入れています
2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

魚のアンコウにおまけ

2011年12月08日
産直の店でアンコウを見つけたので
夕食はアンコウ鍋に決まりました
 

g-ankou-1.jpg 


お腹を開いてみると、胃が異常に大きい
胃を開いてみると
20cmのイトヨリが出てきました
飲み込んだばかりなんでしょうね
魚屋さんで売っているくらい新鮮です 

大きな口で、大きな魚も飲み込めるかもしれないが
胃袋も大きくなるもんですね

g-ankou-2.jpg 


イトヨリも鍋の中に入りました

g-ankou-3.jpg 

しかし、アンコウは怖い顔をしてますなぁ
料理 | Comments(0) | Trackback(0)

干しいも

2011年12月05日
 
寒くなりましたが、先月後半の暖かさで
野菜が一斉に大きくなりました
今日の収穫には今年初収穫のブロッコリーとショウガも。
ショウガはちょっと小さいです(4株を作っています)

昨年はブロッコリーを3無畑で作ったが
出来が悪く、今年は10株ほどを1無畑で作りました
肥料の力はすごいですな
予想よりも立派なのが出来ました
ニンジンだけは3無畑で作ったものです
昨年も3無畑で作りましたが
今年のほうが出来が良く、生で食べると甘くて美味しいです
肥料なし畑に少~し地力がついたかな
と思っています

g-syukaku-5.jpg  

g-burokori-6.jpg 


今年のサツマイモは出来が悪く、大きさは不揃いでした
そこで大きくなりすぎて、裂け目が出たのを干しイモにします
3日間天日干しです 

g-hosiimo.jpg

2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

2回目の警告

2011年12月03日
日が落ちるのが早くなりました
寒くなったため、室見川を歩く速度が夏に比べると2割ほど速くなり
ストレッチの時間が2割ほど短くなりました
トータルで15分くらい短縮です


g-muromigawa-3.jpg 


室見川河川敷でがんばっておられる畑に、2回目の警告看板が立ちました
左は数ヶ月前の看板で、右は11月中旬に立った看板です


g-muromigawa-7.jpg g-muromigawa-4.jpg 


初回の警告看板が立てられた後も 何も変わっておらず
むしろ野菜の種類は増えています 
看板も1回目よりも2回目の方が、数が増えています

11月末に横を通ってみると、主はもくもくと作業をされていました
荒地をこれだけ立派な畑にするには、そうとう労力がいったと思います


g-muromigawa-5.jpg g-muromigawa-6.jpg
(拡大できます) 

2年位前に別の場所で、処分するとの警告看板が立てられた畑を
見たことがあるが 、強制撤去は指定日から数ヶ月後でした



風景 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。