スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

子供のころに見た花

2011年04月30日
子供の頃は観賞用の花の種類が少なかったですね
男の子だから花には興味が無く、あまり良く見てはいなかったけど
ダリヤ、ケイト等が良く目に付きました
今は外国産が多くは入ってきてカラフルになりました
ハーブなどと言う一群もあり昔はシソ、サンショウ等が和製ハーブでした


室見川を歩いていると懐かしい野草の花が多く見れます
ブログの写真を撮ることが無ければじっくり見ることは無かったですね
菜の花、レンゲ・・・
西洋タンポポがすごく増えています


写真は拡大できます

a-ielow-6.jpg a-pink-1.jpg a-ielow-3.jpg
a-pink-5.jpg a-whito-6.jpg

今年は野いちごがたくさんできそうです
A-itigo-1.jpg A-itigo-2.jpg

今、室見川でカモの赤ちゃんが生まれてチョコチョコ動き回っています
お母さんは私たち人間を気にしながら子ガモを見守っている
7匹を監視せねばならないから疲れると思う
スポンサーサイト
2011年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

ただいま待機中

2011年04月23日
トマトの支柱立て

先日山で切ってきた竹を使って1無畑にトマトの支柱を立てた
夏野菜のメインでもあり
畑を借りるきっかけにもなったトマトを
風の被害から守らねばなりません
農園は年中かなり強い風が吹き抜けます
昨年は強風で支柱が傾いたことがあった
なのでかなり頑丈にしましたねぇ
農園の多くの人が写真でも見えるとおり苗の周りをビニールで覆ったりしながら
トマト、ナスビ、ピーマン、キュウリの定番野菜をすでに植えてある
しかしキュウリとトマトの2割くらいが枯れている
今春は平年より気温が低い日が多いので寒さに負けている様子

冬は畑で何もすることが無いので
早く春になり畑作業をしたいなと皆思っている
そんな思いの時
まだ寒く早い時期から
ホームセンターで小さな苗を売り出し
早く植えたいと思う私たちの気持ちを煽る
早く定植をしてしまった結果枯らしてしまい
再度ホームセンターで苗を買うことになったりする
そして苗屋さんはニンマリ・・・

本によると1番花が咲き始めたら
ポットから畑に定植をすると良いと書いてある
(昨年に比べるとちょっと勉強をしているようだ)

A-sityu.jpg


一番花を待つ

と言うわけで
寒さに負けないようトマト、ピーマン、ナスビの苗は
自宅の南側で一番花を待って待機中
花が咲き始めたら順に定植をする予定
種を蒔いたが発芽をせず苗を買うことになった
種から育てるには保温に気を使わないとだめみたいです
それに比べて今からまく種は楽です
夏は完熟して落ちたトマトから芽が出るくらい
簡単なんですがね
苗は糸島JAで買う。少し価格は高いが苗がしっかりしていて
オススメです
今年のトマトは桃太郎24本、ミニトマト2種計5本を植えます

A-nae.jpg


又、山菜

畑からの帰りに前回ワラビを採ったところに行ってみたら
同じくらいの量が取れた
本日の収穫はフキ、ワラビ、成長遅れのタマネギ、ワケギ
山菜を採るのは良いがちょっと後が面倒
ワラビの灰汁抜きには重曹を使う
重曹の量が多すぎるとヘナヘナになってしまって歯ごたえが無くなる
フキは塩ずりをして茹でて皮を剥く
剥くとツクシと同じで指先が黒くなる
やはり山菜採りは色気を無くした年寄りの仕事ですな

A-sansai.jpg

ついでにミョウガ

昨年根が付いたミョウガをもらって畑に植えたが
太陽が当たりすぎて2個しか採れなかった
半分日陰になる場所が良いらしいので
昨秋自宅で条件が合う場所に植えておいたら元気に発芽した
(この場所は日当たりが悪く何も植えていなかったので
そのスペースが利用できて良かったです)
このまま行けば7月末頃に香り豊なミョウガが食べれそう

ミョウガを食べるには夏がいいですね
我が家で夏に作る冷やし味噌汁
干し魚を焼いて骨の部分でダシをとり味噌汁を作る
身の部分は細かくきざみ味噌汁に入れて冷蔵庫で冷やす
食べる時に多目のすりゴマと刻んだミョウガを入れる
キュウリを薄く切って入れてもいいですね
これをご飯にかけていただきます

ミョウガの横に自然発芽のシソの芽も
少し離れた場所に毎年こぼれた種から育つのがあるからでしょう
シソも冷やした味噌汁に浮かべると更に清涼感が出ます

A-myouga.jpg


2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

山菜と手作りテーブル

2011年04月19日
今日の収穫は山菜

トマト等の支柱に使う竹を山に取りに行った
ホームセンター等でプラスチック製?が売っているが
買わずに節約のためである
と同時に山菜を採る事も兼ねている
竹を取る前に少量ではあるがワラビが出る場所に行ってみた
すでに先客ありで採られていたが1回分のワラビを採ることが出来た
フキも少し採れた。まだ小さいがこれくらいのは柔らかくて美味しい
子供の頃には山菜はまったく美味しいとは思ってもいなかったのに
不思議なものである
今は季節になれば量は多くなくても良いが必ず食べたくなる
毎年5月の連休には女房と大分県の九重にワラビを採りに行く
高原にあるので採る時期が少し遅れてちょうど連休時期なる
ここのワラビはでかい
枯れたススキの中で丸々太ったワラビが採れる
ゼンマイもあるがこれは採っても後処理が大変なので
採らないことにしている
以前一度ゼンマイを採って乾燥させたことがある
本に書いてある通りに、干して揉んで、干して揉んで、これを繰り返し
最後は1/10くらいに小さくなる
食べる時は長時間水で戻して食べる
美味しいがずいぶんと手間がかかるのであきらめた
今は中国製の水煮が多く出回っているようだ
毎回ワラビ採りの帰りに川沿いの温泉によって汗を流す
岩風呂につかり、目の前の渓流と木の葉の緑を見ながら疲れを落とす
他に人はいない貸しきり状態のときもある
料金は350円
(写真は14日に撮ったものです)

A-take.jpg

A-syukaku-3.jpg


ギネス級?ツクシ

ワラビを採っていたら、でか~いツクシを見つけた
すでに胞子を放出していて食べる事はできないが50cmの長さである
こんな大きいのは初めて見る
よほど土が肥えているのだろう他にも長いのが多くある
来年ツクシの季節に来てみよう
春が始まったばかりなのにもう来年の予定?


Atukusi.jpg


経費節約のテーブル

子供の頃から工作が好きの器用大貧乏である
休憩用テーブルを作ってみた
自宅にあった板を利用して片脚だけのテーブル
両脚にすると収納する時に複雑になるが
片脚だけだと収納が大変楽にできる
テーブルの下の横棒は車を牽引する部分のワッカに固定できるようにしている


A-tezukuri.jpg

A-teburu-1.jpg

A-teburu-21.jpg


ヌカ床補充

ホームセンターでヌカ漬けセットを売り始めたので
我が家のヌカ床も夏に向けてヌカ500gを補充する

ヌカを厚手の鍋で煎って・・・
塩水と混ぜて・・・
等のうんぬんをして
ただ今キャベツを捨て漬け中
7月には自作の夏野菜が漬けれるだろう


A-nukazuke.jpg
2011年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

ただ今1無畑は

2011年04月18日
収穫

ワケギ&アスパラガス少々
アスパラガスが美味しいのはもちろんだが
この時期のワケギもすごく美味しい


A-syukaku-2.jpg



順調

アスパラガスはすごい勢いで伸びている
一週間前は4㎝だったが今や20㎝


A-asupara-4.jpg


ニンニクも順調

A-ninniku.jpg


タマネギも順調

A-tamanegi.jpg
2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

3無畑の夏野菜総括と希望

2011年04月14日
ノックアウトされた

昨年春に草がいっぱいの土地を借りた
耕運機で耕し畝は作ったが無肥料の野菜作りに挑戦
自然農法の本を読んで血液B型の私は直ぐに実行!
が、全滅に近かった
シロウリ、オクラ、ミニトマト、レタス、エダマメ
インゲン、ゴウヤ、ナスビ、ピーマン等を育てて見たが
収穫はシロウリ小2個、オクラ10個、ミニトマト1割
レタスゼロ、エダマメゼロ、インゲン10個、ゴウヤ1個、
ナスビ3割、ナスビは秋ナス用に剪定した後の方が良く採れた
ピーマン5個
1無畑がなければ与肥料の畑に変えていただろう

草を抜いてまあまあきれいな1無畑
クリックで拡大できます
A-itimyhatake.jpg

それに比べて草いっぱいの3無畑
クリックで拡大できます

Asanmyhatake.jpg


夏野菜の始まり

農園では夏野菜のの準備と植付けが始まり活気が出てきた
皆さんが植えているのを見て私もと気持ちは焦るが
抑えて5月の連休を目安にもう少し待とう
それにしてもホームセンターで苗が売り出されるの早い
商売で仕方はないが、見たら早い時期なのに買いたくなる
農園の中でも苗を早く植えて寒さで枯れた畑もある



3無畑の今年夏野菜

昨年ノックアウトされた畑に昨年1無畑で好評だったラッカセイを
スペース4倍にして作る予定
豆類はあまり肥料を必要としないと本に書いてあったのが
昨年の収穫でエダマメゼロ、インゲン10個の畑で作るのは
少し心配でもある
昨年収穫に来てもらったプリティガールの皆様に
又来てもらうためにもうまく育って欲しいものだ
ラッカセイの他にサツマイモ、マクワウリ、ニラ、シソ、十六ササゲ
フダンソウ(近所のおばあちゃんから小さな苗をもらう。懐かしい名前だ
昔食べたと思うがどんな味だったかな、予定外だがすでに植付けを済ませた)
シロウリ、エダマメ、インゲンこの3コは昨年のリベンジである
ゴウヤは自宅で日よけ用として作る予定
その他に野菜ではないが
カモミール、バジル、ラベンダー、ローズマリー
カモミールは自宅のセルで芽が出始めている
バジルは昨年採った種を月末にまく予定
ラベンダ-は自宅のを挿し木で育てて持っていく予定
ローズマリーは1無畑から3月に移植済み

忙しくなりそう
A-tomuji.jpg


畑のタンポポは今真っ盛りでもあるが
寿命を終えて種を飛ばし始めたタンポポ
針刺しから飛び去っているように見える
2-hana-1.jpg



2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

室見川のサクラ

2011年04月13日
サクラの見方

室見川のサクラも散り始めたがこの時期特有の
ほんのりとした空気が流れている
サクラと言えば酒を飲んで騒いで楽しむイメージが強いが
今年は少し違ったようだ
来年はいつものような花見になるのだろうか
私のような年寄にはサクラを見ながら静かに飲む酒も良いと思う
東北ではサクラが咲き始めたようだが・・・

クリックで拡大できます
A-muromiaw3.jpg

孫ちゃんと魚釣り

A-muromiawa-4.jpg

サクラを見ると病院を思い出すこともある
今まで4回大きな病気で入院をしたがそのうち三回は
サクラの季節だったので・・・



税金の無駄遣い?

室見川に摩訶不思議な階段がある
階段を上り詰めたら行き止まり
何のために作ったのだろう
室見川を管理するお役所に聞いてみたいものである


A-muromiawa-2.jpg
2011年その他ポチポチ | Comments(0) | Trackback(0)

4月7日、暑かった

2011年04月08日
アスパラガス

本日気温20度
気温の上昇と共に1無畑の2年目のアスパラガスが
一気に成長を始めました


A-asupara-1.jpg

3年目のアスパラガスはゆっくり

A-asupara-2.jpg


3無畑のリーフレタス

初夏採りレタスの苗がもう売られているというのに
昨年秋にまいたのがやっとこさで大きくなってきました
途中ダメだろうなと思いながらも
何にもしない畑だからそのままにしておきました
しかし早く大きくなってもらわないと
今のスペースは5月になればエダマメのタネをまく予定です
後一ヶ月です
リーフレタスさん


A-retasu-1.jpg

草の方が勢いが良いので周りをカット

A-retasu-2.jpg


タカナもどき

タカナの列に混じって1本あった名前がわからないタカナもどき
右端のタカナに自慢するかのように大きくなって
私の身長1m70cmを越してしまった
肥料を与えないのにこんなに大きくなって
ぜひとも種を採って来年多めに作ってみたいものです
試食をしていないから味はわかりませんが・・・


A-takana-2.jpg


本日の収穫

1無畑のワケギ、虫食いカツオナ、アスパラガス4本
いつもの収穫にアスパラガスが仲間入りしたが
4本ではちょっと料理が難しい
細かくきざんで冷蔵庫に有ったエノキとスープを作り
レタス炒飯と一緒にいただきました


A-syukaku-1.jpg


野の花もかわいい

バラの花はもちろんきれいだが
野の花は清楚でかわいい
花の中にかわいい生き物がいるみたいに見える

A-nonohana-3.jpg

タンポポを摘んで小さな花瓶に入れていたら
次の朝には黒くなってしぼんでいた

A-nonohana-2.jpg


室見川のサクラ

室見川のサクラがただ今満開
川べりを歩いてサクラを見るも良し
サクラの木の下を歩くのも良し
午前中畑の作業で、午後からは室見川の散歩で
今年初めての半袖TシャツでOKでした

クリックで拡大

A-muromiawa.jpg


シーズーのクーちゃん

ウォーキングで時々会うクーちゃん
私より高齢のおばちゃんとお散歩
6歳で元気盛りだがゆっくりと
おばあちゃんのペースで歩いている
室見川ではいろんな犬を見かけるが
私が以前飼っていた犬がシーズーなので
シーズーを見たら触りたくなってしまう


A-kutyan.jpg
2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

ニラをトレードに出す

2011年04月01日
無肥料でも生きていけるだろうと1無畑のニラを
3無畑に植え替えました
掘り上げて見ると屈強な根
この根は3年目になる
この根が元気を生み出すニラの源だろう


9-nira-1.jpg


植え替えるために草ぼうぼうの3無畑の草取り
いや草刈です
昨年の秋から草を伸ばし放題
隣りの人に迷惑を掛けてはいけないので
境界線の草取りだけは常にしております
同じ農園の人から
今日は草取りですか?
と言われ
はい!草刈です!
さすがに植える場所の草の根は抜きました


9-nira-2.jpg


植えた横にはタネをまきました
ニラのタネは嫌光性だそうで刈り取った草を被せています
こうしておけば乾燥を防げるようです
芽が出たとして収穫できるのは2年後で
時間がかかるけど何も手入れしない畑だから
気楽にいけます


9-nira-3.jpg


今年のタカナは終わり

3無畑の高菜がトウ立ちをし始めたので残りを全部収穫
3回目のタカナ漬けになります
タカナは無肥料でもある程度育つので
3無畑の定番になりそうです


9-takana.jpg


タカナの列に1株だけちょっと変わったのがありまして
タカナに似ていて少しかじったらタカナに近い味がするし・・・
えらく元気があってタカナの倍くらいの大きさになり花が咲き始めました
なんでしょう?
種を採ってみようと思うが
他の野菜のタネが混じっていたのかな


9-takana-2.jpg


アブラナ科の花

3無畑にはタネ採りように
ただ今コカブ、タアサイ、タカナもどきの花が咲いて
自宅のプランターでは水菜の花も咲いています
みんな黄色の花で、花は皆同じように見える
もう直ぐダイコンの花も咲き始める

9-mizuna.jpg


がぜん元気に

寒波で自宅のプランターのリーフレタスがクタクタになってしまい
もうだめかなと思っていたら
春の太陽が当り始めると急に元気になってきて
2回外側を摘み取らしていただきました
どんな花が咲くのかな


9-sani-retasu.jpg




2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。