スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

たくあん漬け

2011年12月27日

寒くなりました
24日の事ですが農園に行くと、他に誰も来てありません
北風がヒューヒュー吹きぬけていきます
人がいない農園は寒々しています
この時期は、皆さんほとんど収穫が終わり
他にすることも特に無いようです


h-nouen.jpg 


収穫は
1無畑のサトイモは初収穫で、これで終わりです 、3株育てていました
3無畑のジャガイモは2回目の収穫で、こちらも終わりです
ちょっと小粒で、でこぼこしています
タクアン漬け用に干していたダイコンはちょうど良い具合のようです

h-syukaku.jpg  


早速、漬物本の通りにダイコンを漬けました
ダイコンの重さの塩6%、三温糖3%、米ぬか15%
トウガラシ、コンブ、色づけ用に干したミカンと柿の皮を入れ

上からダイコンの葉を被せ、ダイコンの2倍の重石を乗せて
新聞紙で被って終わりです
約二十日後位に水が上がれば、重石を半分にします
それから2週間後位から食べれる予定です
 ダイコンは萎びて小さくなっている上に、8本しか漬けていないので
容器の底の方にこじんまりと収まっています

自分でダイコンを漬けるのは初めてで
ずっと遠い昔、父と母が共同作業で
大きなタルに漬け込んでいたのを思い出します

h-takuan.jpg h-takuan-2.jpg 

スポンサーサイト
2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

漬物ダイコン

2011年12月15日

1無畑のダイコンが一斉に大きくなってきました
大きくなるスピードに食べるのがついていきません
そこで初めてのダイコンの漬物を作ってみることにしました
週間天気予報では雨マークは無し
まだ小さいエンドウの支柱でシナッとなるまで干します
 

h-daikon.jpg 


今、自宅で白菜漬けを作っています 
毎年白菜と高菜を漬けるが
重石はホームセンターで買った8キロと12キロの二つしか無く
かなりアバウトな塩加減と重石も適当だったので
水が上がらなかったり、そうなると塩を多めに入れて塩辛かったりでした

美味しい漬物を食べようと
漬物の本を買ってきて 、本の通りにして漬けてみると
本の通りに3日目に 水が上がってきました
明日から食べれます
水が上がると重石を半分にすることと書いてあります
今の重石は8キロを使っているので4キロになるが 
4キロの重石は無く
数日前に室見川の上流でとってきた石4.3キロが
重石になりました 

h-omosi.jpg  


一無畑で落ちたトマトから夏の終わり頃に3本自然発芽しました
その内元気な1本をどうなるかと残しておいたら、ミニトマトのようですが
かなり大きくなってきました
トマトは毎年5月初めに苗を買って畑に植えます
農園の人達も待ってましたと一斉に植えられます
5月初めに植えるというのが、何か決まっているような感じで
7月中旬から一斉に熟れ始め、8月中旬で終わってしまいます

ネットでトマトの育て方を調べていると
露地栽培で10月頃収穫したトマトは糖度も増えて美味しく
熟す時期に長雨に会わないから腐ることも無いと書いてありました
と言うことは苗をずらして植えれば、長期間収穫できて
おいしいトマトも食べれられることになる
「5月初めに苗を植える」
本にも書いてあったし、これを勝手に自分の中で決めていました
来年は自家採取のトマトの種3種を
初回は3月中旬に自宅でポットに種をまき、温度管理をしながら育て
次に5月初めにポットに種をまき、自然の気温で育てる
これでやってみよう!
今年は8月中旬で収穫は終り、その後は食べていないが
来年は10月までトマトを食べているかもしれない

 
h-tomato-2.jpg

2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

ベランダのサニーレタス

2011年12月10日
ポットから プランターに移植をしてから2週間 
外側の葉から少しづつ収穫ができるようになりました 
セルに種をまいてから85日目くらいになります
 

h-retasu.jpg 

プランターの土は、古い土を太陽で殺菌をしての再利用で
元肥として自家製の堆肥を入れています
2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

干しいも

2011年12月05日
 
寒くなりましたが、先月後半の暖かさで
野菜が一斉に大きくなりました
今日の収穫には今年初収穫のブロッコリーとショウガも。
ショウガはちょっと小さいです(4株を作っています)

昨年はブロッコリーを3無畑で作ったが
出来が悪く、今年は10株ほどを1無畑で作りました
肥料の力はすごいですな
予想よりも立派なのが出来ました
ニンジンだけは3無畑で作ったものです
昨年も3無畑で作りましたが
今年のほうが出来が良く、生で食べると甘くて美味しいです
肥料なし畑に少~し地力がついたかな
と思っています

g-syukaku-5.jpg  

g-burokori-6.jpg 


今年のサツマイモは出来が悪く、大きさは不揃いでした
そこで大きくなりすぎて、裂け目が出たのを干しイモにします
3日間天日干しです 

g-hosiimo.jpg

2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)

はとぽっぽ4匹目

2011年11月26日
魚釣りをよくする人と話をした時
大量にタイが釣れた時は(大きなタイ)
南蛮漬けにすると言ってありました
小ダイは我が家でも南蛮漬けにするが
大きなタイはちょっと贅沢ですね
そうか!
冷凍庫に眠っている4匹目の「はとぽっぽ」は
南蛮漬けにすることになりました

3枚におろして、一口大に切り、身の部分を油で揚げて
熱々をショウガの絞り汁を入れた酢醤油の中へ。
器に載せた「はとぽっぽ」の上に
酢醤油に浸しておいたタマネギと同じく塩で水分を抜いたキュウリを乗せて
これに小ネギと白ゴマを振り掛けます
うん、おいしい
キュウリを南蛮漬けに使うのは初めてですが
コリコリがいいのと、油を少しあっさりさせてくれるのがいいです
今までの「はとぽっぽ」料理の中で一番いいですな 

「はとぽっぽ」を完食するために
残ったあら(骨)の部分はカツオダシを少しプラスして
春菊を入れたお吸い物です 
これも良かったですね

タイの話をした人に
「はとぽっぽ」を食べたことあります?と聞いたら
知っているけど食べたことは無い
でした


g-ryouri-4.jpg 

冷凍庫には「はとぽっぽ」があと1匹
2011年の野菜 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。